菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

旭中学校地区ひまわりサロン|老後・福祉|健康|生活|健康|防犯|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2017/09/08掲載
事前
旭中学校地区ひまわりサロン
自治会館から地域を元気に!
旭中学校地区ひまわりサロン
チイね!
0
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
旭中学校地区の三つの自治会館(旭ヶ丘・みそら・鷹の台)でオープンしている「ひまわりサロン」。さまざまな活動を通して高齢化対策や地域のつながりの強化に取り組み、昨年は民生委員児童委員全国大会で表彰されている。その活動が目指すところとは。
各サロンの100円カフェでほっと一息
旭ヶ丘看板
各サロンの100円カフェでほっと一息
旭ヶ丘看板
通常
旭中学校地区活性化自治会館が発信地に
 一人暮らしの高齢者から親子連れなど、老若男女、年齢、地域を問わず誰でも利用できる「ひまわりサロン」。各種イベントや趣味の会、行政と連携した健康・防犯に関する講座など、活動内容も盛りだくさんだ。サロンがある日は自治会館にふらりと寄って、お茶を飲みつつおしゃべりに花が咲く―そんな楽しみ方もある。
地元の新鮮野菜を選ぶのも楽しい 朝市(旭ヶ丘)
通常
みんなが顔見知り笑顔あふれる地域へ
 平日は毎日オーブンし、活動も活発な旭ヶ丘のサロン。月1回の人気講座「みんなで歌おう」におじゃました。
 たっぷり歌って、体を動かす2時間、張りのある歌声が響く。「大勢で歌うのが楽しい」「子どもに返ったみたい。毎月、待ち遠しい」と参加者たちは皆笑顔。
 近くの公園で遊ぶ子どもたちが「のど乾いたー」と、自治会館の扉を開ける。いつも誰かがいる安心感。「地域のみんなが知り合いになるのが究極の目的。サロンができてから、地域の雰囲気がとても明るくなりました」と話す民生・児童委員の柿沼弦司さん。
 普段は各地域の実情に合わせて個々のペースで活動している三つのサロンだが、合同ミーティングでの意見交換やイベント時の助け合い、互いの活動に刺激を受け合うなど、いざという時に地域同士が手を結べるのがこのサロンならではの強みだ。 
抹茶を楽しむ会(みそら)
通常
サロン設立のきっかけは研修会
 2014年5月、新築された旭ヶ丘自治会館からスタートした「ひまわりサロン」。発足のきっかけは旭中学校地区の社会福祉協議会、民生・児童委員協議会、自治会による松戸市常盤平への研修会だった。参加者は高齢化社会が抱える問題を目の当たりにし、「ひとごとではない」と危機感を抱いた。「何かできることはないか」とサロンの構想が生まれたのは帰りのバスの中。その場に居合わせた参加者が一丸となり、三者協働事業としてサロンが誕生した。
 「ひまわりサロン」から新しい地域のつながりが広がっている。
子育て世代の多い鷹の台 「ちびっこハウス」
通常
旭ヶ丘
活動日:月~金 午後1時~午後4時
(午前9時から自治会館はオープン)
場所:旭ヶ丘1-9-13
問い合わせ:043(375)4686 旭ヶ丘自治会館
通常
みそら
活動日:火・金 午後1時~午後4時
場所:みそら2-16-1
問い合わせ:043(432)9429 みそら自治会集会場
通常
鷹の台
活動日:毎週火、第2・4木・金 午前10時~正午
場所:鷹の台3-2-1(鷹の台自治会館)
問い合わせ:090(8942)5617 小川 

フェイスブック
「旭中学校地区社会福祉協議会」で検索
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
切手王

会員ログイン