菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

産婦健康診査費用の助成 メンタルチェックも含めたを始めました!|千葉県|我孫子市|子ども|育児|子育て|老後・福祉|健康|病気|生活|健康|病気|制度|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2017/05/19掲載
産婦健康診査費用の助成 メンタルチェックも含めたを始めました!
子育て家庭を応援したい! 千葉県初の試み
産婦健康診査費用の助成 メンタルチェックも含めたを始めました!
チイね!
0
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
出産は、女性にとって大きな出来事。10カ月の妊娠生活と、出産によりダメージを受けている体の変化はもちろん、ホルモンバランスの変化、そして生活リズムの変化など、世界が大きく変わるといっても過言ではない。そんな出産後の女性をサポートするため、我孫子市が千葉県で初めての取り組みを始めた。
我孫子市マスコットキャラクター
「手賀沼のうなきちさん」
も応援! メンタルチェックはエジンバラ質問票を使う
我孫子市マスコットキャラクター 「手賀沼のうなきちさん」 も応援! メンタルチェックはエジンバラ質問票を使う
通常
産後2週間の時期に注意が必要になる
 出産して約1週間入院したのち、女性は赤ちゃんと共に元の生活に戻る。ダメージを受けた体を引きずりながらのその生活は、通常1カ月は外には出ず安静にしておくということも手伝い、産婦にとっては疲労と孤独を感じやすいことだろう。我孫子市では、これまでも新生児訪問をしてきたが、それは退院1カ月後。産後数日から10日くらいの時期に多くの人が「わけもなく涙が出る」「不安になる」など精神状態が不安定になるという調査結果が出ているが、2週間くらいたっても改善せず、育児不安を感じやすい状態の人がいるという。このたび我孫子市は産後2週間と1カ月に、一般的な健診(血圧測定や母体の回復状態をチェック)の他に、メンタルチェックも含めた産婦健康診査費用の助成を始めた。我孫子市役所健康づくり支援課の根本さんによれば、「このメンタルチェックで、気になる方がいれば、我孫子市が実施している産後の支援がない方に対して、産後の休養の機会や、不安解消、育児技術の習得などを助産院などに宿泊や通所でサポートする産後ケア事業や、産婦訪問などの保健福祉サービスにつなげていただけますし、治療が必要な場合は医療機関などを紹介していきます。我孫子市はもちろん、柏市や松戸市の産婦人科ももちろん契約していますし、他県でも契約医療機関はありますので、里帰りする方もぜひご相談ください」と呼び掛ける。
通常
お母さんの元気が一番の優先事項
 メンタルチェックといっても大げさなものではない。根本さんは「赤ちゃんができるとどうしても赤ちゃんを優先しがちですが、育児はお母さん自身を大事にすることが一番重要。誰かに話して、悩みや不安を打ち明けて『大丈夫』と言ってもらうだけで気がラクになることもあります。ぜひ、気軽な気持ちで受けてみてほしいです」と話す。千葉県で一番に始めたこの取り組みが、我孫子市の子育て家庭をさらに明るく照らしていく。

※2017年4月以降に妊娠届出書を出した方は母子健康手帳交付時に発行済み。3月に届出をした人は5月上旬に発送予定。届いていない人は健康づくり支援課へ連絡を

※問い合わせ
TEL04(7185)1126
健康福祉部
健康づくり支援課(保健センター)
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
幸内 6月

会員ログイン