菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

「こども食堂 おかわり」野田にオープン|千葉県|野田市|食|食堂|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2017/03/17掲載
「こども食堂 おかわり」野田にオープン
今日のごはん、なあ〜に〜?
「こども食堂 おかわり」野田にオープン
チイね!
0
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
野田のNPO法人「子育てネットワーク ゆっくっく」でも、去る2月に「みんなでつくる こども食堂 おかわり」をスタートさせた。ここでは家庭の事情がある子どもだけでなく、地域の子どもたちが誰でも気軽に来ることができる、まるで「広場」のように開放された食堂が特徴だ。
通常
100人近くの親子で大にぎわい
 去る2月末の土曜日昼。野田市岩名の岩木小学校横にある「ゆっくっく広場」は、友達同士で、また母親と、あるいはベビーカーで両親と一緒にやって来た子どもたちの笑顔と明るい声が弾んでいた。予約で30人と想定していた初めての「こども食堂 おかわり」だったが、大人も含めて約100人が訪れるという大きな反響があった。15年以上にわたって地域の子育て支援を続けている「子育てネットワーク ゆっくっく」。その存在は広く市民に知られている。平成28年度の子育て応援メッセージで「脱『孤立無援』の地域環境を目指す」という方針を立てていた。その一環として、ようやく「子ども食堂」を本格的にオープンしたのだ。「ゆっくっく」を中心にして「子ども食堂準備委員会」を立ち上げ、実行委員会を設立し、セミナーや専門家を招いての講演会などを開催、慎重に検討を続けてこの日を迎えた。食事を提供するため、市の保健所からの許可も取得したことは言うまでもない。「ここは地域の子どもたち、親たちが誰でも来ることができる、気軽な子ども食堂です。全国に広がる子ども食堂とは少し位置付けが違います」と「ゆっくっく」の理事長・板垣光子さんは言う。
わいわいと食べる時間も楽しい
通常
「おかわり」自由元気な声が飛び交う
 この日のメニューは「マーボー豆腐プレート」と「大根煮」そして「ほうれん草と白菜の野菜炒め」に「中華スープ」。ビスケットのデザートも。食堂の名前に「おかわり」と付けたように、おかわり自由。「おかわりの人は?」というボランティアの人の声に「はい」「はい!」と多くの子どもたちの手が上がった。「支援組織のフードバンク千葉や地域の人たちから食材の提供を受けています。多くの人から理解をいただいて大変助かります」と板垣理事長。スタートしたばかりの「子ども食堂 おかわり」は、これから毎月1回程度は開いていく予定という。「野田市内に4〜5カ所の子ども食堂が開設されたらいいですね」と板垣理事長は話している。

※問い合わせ
TEL04(7129)8089(平日午前8時半〜午後4時半)
子育てネットワークゆっくっく
力を合わせて食事づくり
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
ギャラリー翠

会員ログイン