菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

高根台児童ホーム|千葉県|船橋市|子ども|育児|子育て|遊び|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2017/03/17掲載
高根台児童ホーム
子どもたちの遊びがいっぱい
高根台児童ホーム
チイね!
1
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
船橋市で2番目に開設され、以来半世紀近くにわたり地域住民に親しまれている高根台児童ホーム(船橋市高根台2の2の2)。2階6部屋で構成される広い施設には、毎日元気な子どもたちの声が響く。
ピンクの外観が目を引く
ピンクの外観が目を引く
通常
親しまれる「ピンクのおうち」
 「小さいお子さんたちが『ピンクのおうちに行きたい』と遊びに来てくれます」と高根台児童ホームの職員は話す。道路沿いにあるピンクの建物、その外観は子どもたちの心に強く印象付けられているようだ。高根台児童ホームは前原に続き、船橋市で2番目の児童ホームとして1969年にオープンした。以来48年間、地域の子どもたちの遊び場として親しまれ続けている。「小さい頃ここで遊んだママが、お子さんを連れて来ることもあり、『変わってない』と当時を懐かしく思い出されています」と職員。子どもの頃遊んでもらった職員と、ここで再会するママもいるという。
入り口で受け付けをする。 教室や地域の情報もたくさん
通常
年齢・目的に合わせて遊べる部屋
 高根台児童ホームでは、利用者の年齢や目的に合わせ、部屋が六つに分かれている。
【乳幼児室】
未就園児とその保護者が遊べる場所。ママたちの交流の場所としても活用されている。
【多目的室】
さまざまなおもちゃやゲームがあり、小学生と幼児が一緒に遊ぶことができる部屋。昼食を持参して食べることもできる。
【体育室】
時間によってドッジボールや一輪車で遊ぶことができる。幼児向けの乗り物で遊べる時間帯も。
【卓球室】
3台ある卓球台は誰でも利用できる。
【図書室】
絵本や児童書だけでなくマンガも設置。将棋教室としても使用されている。
【わんぱく広場】未就学児向けの部屋。年齢に合った遊具やおもちゃで遊ぶことができる。
幼児教室も行われる体育室
通常
恒例のイベントや新たに始まる教室も
 4月より新年度の教室が開催。恒例の幼児向け親子教室や新1年生向けあそびクラブに加え、月ごとに手形足形でカレンダーを作る、乳幼児親子向けの新たな企画も始まるという。夏には毎年開催される「おばけやしき」も。たくさんの遊びに出会える「ピンクのおうち」、新年度も足を運びたい。
イベント情報
開催年月日時曜日 開館時間:午前9時~午後5時
問い合わせ要項 休館日:月曜日・祝休日・年末年始。祝休日が月曜日の場合は翌日も休館
問い合わせ電話番号 047(466)3638
問い合わせ名 同ホーム
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
ユニバーサルホーム

会員ログイン