菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

関東三社稲荷の一つ 備後須賀稲荷神社初午大祭|三郷、草加北、草加南、南越谷、北越谷、野田、吉川・松伏、八潮、せんげん台のニュース

関東三社稲荷の一つ 備後須賀稲荷神社初午大祭

三郷、草加北、草加南、南越谷、北越谷、野田、吉川・松伏、八潮、せんげん台エリア/2015年02月27日号


投稿者: まるこさん


王子稲荷神社、笠間稲荷神社と並び、関東三社稲荷の一つである備後須賀稲荷神社。3月の初午の日(現在は第1日曜日)には祭りが盛大に行われ、近隣の人々を中心に大勢の観客でにぎわう。

関東三社稲荷の一つ 備後須賀稲荷神社初午大祭


800余年の歴史を持つ由緒正しき稲荷神社
 建暦元(1211)年の創建とされ、800余年の歴史を持つ備後須賀稲荷神社は、地域住民の信仰もあつい神社だ。数年前の不審火により拝殿などが全焼したが、3年前に無事に再建を終え、新たな歴史を刻み始めた。この神社は「五穀豊穣」「商売繁盛」以外に「子育て稲荷」としても有名。本殿左側に「わらじ納所」があり、奉納されているわらじを乳児の枕元に置くと夜泣きが治るという。
お狐様が先導する御輿行列
 近隣の小学校の児童も社会科の歴史の勉強で訪れるというこの神社の祭りは、15店舗ほどの屋台も立ち並びにぎわう。地域の若者を中心とした若 人会のメンバーが20人くらいで担ぐ大人御輿と子ども御輿は、昔から何回も修復をしながら大切にされているもので、御輿行列はこの祭りのメーン。稲荷神社だけに、白狐を先頭に御輿が練り歩き、神社に戻ってくると白狐は手にした榊で子どもたちをたたき邪気をはらう。また神社脇には舞台が設置され神楽舞が披露される。
 今年はさらに初の試みとして春日部市立武里小学校、市立武里中学校による合唱などが祭りに花を添える。祭りも日々進化しているようだ。
 備後須賀稲荷神社には、その昔、神の使いである狐が犬に追われ、トウモロコシ畑で足を痛めたという言い伝えがあり、地域の人は今でも犬を飼わず、トウモロコシ畑も作らないという。昔からの言い伝えをずっと大事に守り、愛されている須賀稲荷神社。初午大祭も同じように地域に根付き愛されている祭りなのだ。
(まるこ)


日時/3月1日(日)午後1時頃〜子ども御輿、午後4時頃〜大人御輿
会場/備後須賀稲荷神社(春日部市備後西5の5の1)
※問い合わせTEL048(763)1122
春日部市観光協会

まるこの記事

コメントする

              投稿するときのマナー

関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。


ピンクリボン動画
サポステ

会員ログイン