ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

ひと足お先に!春をめでる 2014第69回市川市芸術祭「いけばな展」|船橋北、鎌ケ谷、船橋南、船橋中央、本八幡、市川北部、市川中央、船橋西、八幡北、中山のニュース

ひと足お先に!春をめでる 2014第69回市川市芸術祭「いけばな展」

船橋北、鎌ケ谷、船橋南、船橋中央、本八幡、市川北部、市川中央、船橋西、八幡北、中山エリア/2014年02月14日号


投稿者: 地域新聞社編集部さん


3月7日(金)~10日(月)
市川市と市川市花道協会(内田一孝会長)主催による「市川市芸術祭いけばな展」が開催される。

ひと足お先に!春をめでる 2014第69回市川市芸術祭「いけばな展」

「生花で暮らしを豊かに、心を豊かに」
1950年、市の文化祭行事の一環として市川小学校で「花展」を開催、翌年に市内在住の各流派の花道家と文化人の支援の下、市川市花道協会が誕生。第1回花道展が開催された。第15回には秩父宮妃も会場に足を運ばれている。文化振興の草分けとして半世紀以上にわたり活動、伝統の流れを継承しながらも新たな感性を取り入れた会員の作品は、来場者に春の訪れを感じさせてくれることだろう。

ひと足お先に!春をめでる 2014第69回市川市芸術祭「いけばな展」

感性が光る!こどもコーナーも注目の的
2006年からは3歳~15歳(中学生)を対象とした公募によるこどもコーナーを新設。「お気に入りのおもちゃの車や、陶器製のお人形の置物に花を生けてみたい!」という斬新な発想の作品から、学校やクラブ活動での経験者の作品の数々までが来場者を楽しませてくれる。「幼児が一輪の花を持って花器に生けている姿を、父母や祖父母が優しく見守っている情景はほほ笑ましいものです。主催者として和やかな家族に接することができ、幸せを感じる瞬間です」と木村美峰理事長。 早春をめでる会員たちの作品と子どもたちの奇想天外で独創的な作品との出合いが楽しみだ。

日時/前期… 3月7日(金)・8日、(土)
後期…9日(日)・10日(月)午前10時~午後5時 (8日と10日は午後4時まで)こどもコーナー…8日・9日 午前10時~午後5時、10日 午前10時~午後3時
会場/市川市文化会館(市川市大和田1の1の5) 地下展示室・大会議室入場無料
※問い合わせTEL047(325)0088市川市花道協会

地域新聞社編集部の記事

コメントする

              投稿するときのマナー

関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。


ピンクリボン動画
地域通販へようこそ

会員ログイン