ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

自由投稿 みんなのちいカフェ

私の宝物

 子どものころ何でもないものなのに自分だけの宝物な感じがする物体てありませんでしたか?本当になんでもないものです。私は麻雀のパイとか碁石、さいころなど小さくてつやつやしているできれば白いものが宝物のような感じがしました。もちろん子どもなのでさいころ以外は使い方が分かりません。碁や麻雀など今でも分かりません。取り出しては見て、さわって宝物感を味わって満足していました。
子どもの頃って自分のものにならない感じも手伝ってわくわくするような宝物がいっぱいあったような気がします。道路に埋まってるつやつやした透明なものでコーティングしてある小さいマークをずっと見ていたりしました。
 大人になってもちろん楽しみが増えましたが子どもの頃も宝物を見つける他楽しみの才能が今よりあったのだなあと思います。

Twitterでシェアする Facebookでシェアする LINEで送る
Twitterでシェアする Facebookでシェアする LINEで送る

コメント数(3)

  1. 宝物

    そうですね。なんでもないような物がとても貴重に思えて大事にしていた記憶があります。今息子達がその時期を迎えているようで、主人の実家階段下のコンクリートに黒い石のようなものが一つ見えるように埋まっているのですが「カブトムシ!」といっていつもなでなでしているのです。そんなはずないじゃない、嫌なこと言わないでよ~とか言ってしまいますが、これも息子達にとってはここでしか会えない宝物なのでしょうね。‌

  2. ビービー弾

    子どもたちはビービー弾というおもちゃのけん銃の弾をいっぱい集めています。‌
    いろんな色があって、時には透き通るものもあって、ビーズのようで綺麗なんですけど、大人からしてみれば、集めてどうすんの?っていう代物です(^^;‌
    でも、実は私自身も子どもの頃、ビービー弾を集めていたんですよね~

  3. スマイルさん天然ママさんへ

     コメントありがとうございます。皆さんもそういうことがあるんですね。大人になるとやっぱり高価なものがいいもののように感じるんです。あの頃の気持ちよ戻ってこい!

コメントする

投稿にはが必要です。
新規無料会員登録はこちら >>

あおいとりさんの投稿一覧

 
このページのトップへ