ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

思い出スイッチを投稿せよ!

タイムスリップ!

大きな変貌を遂げた秋葉原の一角に、今でも50年前の姿をそのまま留めた場所があります。
それは、ラジオセンターとか、ラジオデパートの名で知られる、電子部品の販売店群です。
此処へは昔、頻繁に通っていましたが、半世紀経った今、タイムスリップ気分の味わえる稀有のスペースです。

Twitterでシェアする Facebookでシェアする LINEで送る
Twitterでシェアする Facebookでシェアする LINEで送る

コメント数(0)

コメントはありません。

  1. 天然ママさん

    コメントありがとうございます。‌
    全く変わらない部品が多くある反面、凄まじい勢いで変化して行く部品もあります。‌
    今と違って情報の少ない時代には、鋭いアンテナで情報を手に入れる場所でもありました。‌
    何しろ真空管(見られた事無いでしょうね)→ トランジスタ→ I.Cと急速に変化して来ています。‌
    それに追いつく為の勉強の場所でもあったのです。‌
    済みません、取り止めのない昔話でした。

  2. よねちゃんさん

    コメントありがとうございます。‌
    写真の場所はまだ広い方で、ラジオセンター(駅西側のガード下)はすれ違うのもやっとの‌
    通路で、到底落ち着ける様な場所では無いのですが、それでも面白いので、時々立ち寄ります。‌
    機会が有ったら一度覘いて見られませんか。

  3. 素敵ですね!

    電気機器はどんどん進化して、部品なども全然違うものになっているのかなと想像していましたが、意外と部品は変わらないのですね!店内を一新したら、常連客さんたちが部品を見つけられなくなってしまうから、ずっと変わらないのかな、なんて思いました(^^)‌
    50年前から変わらない、なじみの場所があるというのは素敵ですね!!私の思い出の店は、ことごとく閉店してしまうので、心の中だけに存在します。

  4. 今でも

    良く行かれるのですか?色々な部品が勢ぞろいしてますね。‌
    夢爺さんの落ち着かれる場所なのでしょうか?

  5. スマイルさん

    コメントありがとうございます。‌
    仕事で、測定器や無線機等の試作をする折、何時も飛んでいって材料を買い集めた場所なのです。‌
    従って、多い時には週に2回位は通っていましたし、考えた事は無かったのですが、ざっと計算して見ると1000回以上は通ったでしょうね。‌
    従って多くの店とは顔なじみになっていましたし、何処の店の、どの棚には何が置いてある何て云うのも、殆ど頭に入っていました。‌
    あまり自慢にもならないですね。

コメントする

投稿にはが必要です。
新規無料会員登録はこちら >>

夢爺さんの投稿一覧

 
このページのトップへ