菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

まちスポ稲毛 土曜日学校|イベント|ボランティア|子ども|小学生|老後・福祉|ボランティア|生活|ボランティア|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2018/08/10掲載
まちスポ稲毛 土曜日学校
得意を見つけて楽しく学ぶ!
まちスポ稲毛 土曜日学校
チイね!
2
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
学校以外の友達や地域の人と知り合い、講師と一緒に得意なことを見つけてはみんなで共有し合う。そんな学校が、まちスポ稲毛で開講されている。小学生のみんなの土曜日にいかがだろうか。
※平成30年度稲毛区地域活性化支援事業として実施
みんなでにぎやかに作業中
まちスポ稲毛
みんなでにぎやかに作業中
まちスポ稲毛
通常
土曜日は地域で学びの時間を
開講場所となる「NPO法人まちづくりスポット稲毛(通称/まちスポ稲毛)」は、さまざまな活動や連携を通じて市民、NPO、企業、行政が一つになり、地域を元気にするための交流スポット。2013年に前身となる組織が発足以来、14年の法人化を経て、現在も地域の居場所として大きな役割を果たしている。そんなまちスポ稲毛で、本年度の新しい取り組みとして、「土曜日学校」が始まった。前期と後期の2期制にし、毎月第2・第4土曜日に開講。それぞれにテーマが設けられ、内容に精通した地域にゆかりのある講師(大学生やシニアボランティアなど)が招かれ、子どもたちと一緒に学びや気づきの時間を過ごす。現代希薄になりがちな地域住民と子どもたちとの関係性をつくることや、多世代交流によって多くの価値観に触れることなどを通して、地域社会の教育力の向上につなげることが大きな狙いだ。
完成したよ
通常
ハーブ栽培の回に密着
前期2回目の6月23日は、「ハーブ栽培」がテーマ。地域のデザインや緑化を通じてまちづくりに貢献している千葉大学工学部デザイン学科の学生たちが講師として参加し、子どもたちにバジルの栽培方法と調理法を伝えながらの体験講座が行われた。水耕栽培キットを組み立てながら大学生が丁寧に子どもたちをサポートしていく中で、セロファンを立体的に重ねるといった、大人も予想しないような発想で伸び伸びと組み立て作業を進める子どもたち。最後に個々にバジルの苗が配られ、そっと香りを確かめながら栽培キットに。完成後はピザトーストを作ってバジルを食べようという、おいしい実習でこの日の講座は幕を閉じた。「周りの箱を組み立てるのが難しかったけど、楽しかった」「先生が面白かった」などと感想を話す子どもたちは、すでに次回の講座が待ち遠しいと目を輝かせた。 (みんみん)

※後期は9月より受付スタート! 詳しくはHPもしくは問い合せを
イベント情報
開催年月日時曜日 午前9時30分〜正午
定員 小学生(20人先着順)
料金 2,000円(全8回分。食材費は別途。保険料含む)
問い合わせ要項 NPO法人まちづくりスポット稲毛(フレスポ稲毛内) 後援/千葉市教育委員会
問い合わせ電話番号 043(310)6984
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
ギャラリー翠

会員ログイン