>
>

東日本大震災5周年追悼イベント・「3・11震災地を決して忘れない!」|千葉県|習志野市|イベント|追悼|防災|復興|被災地|地震|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2016/03/04掲載
事前
東日本大震災5周年追悼イベント・「3・11震災地を決して忘れない!」
竹灯りと手作りキャンドルをともして
東日本大震災5周年追悼イベント・「3・11震災地を決して忘れない!」
チイね!
0
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
東日本大震災から間もなく5年。風化させてはならないと「3・11震災地を決して忘れない!」を常に掲げ、被災者の支援事業を続ける「竹宵の会&3・11実行委員会」の主催で、午後2時46分、犠牲者の冥福を祈って黙とうをする。
竹灯りと手作りキャンドル
竹灯りと手作りキャンドル
通常
復興への願いと風化防止の支援事業
 4年続いてきたこの追悼イベントは、習志野市をはじめ、市民団体が多数協力して行われる。「3・11祈りの場」として定着。
 主催者は、この他に習志野市に暮らす被災避難者と市民の交流会「にんじんカフェ」を2年前に設立し、毎月16日に開催している。時には県内他市との交流会や小旅行、自立支援などを行い、内容も充実してきている。
 また、より多くの市民と音楽を通じて楽しんでもらいたいと、習志野音楽祭を企画。昨年第2回には福島県浪江町出身の民謡歌手原田直之さんを招いた。被災避難者ばかりではなく市民も多くのエネルギーをもらい盛り上がった。
 各イベントの折に寄せられた支援事業応援募金で、昨年は2回、南相馬の仮設住宅に野菜を届けた。
 1回目は習志野の野菜を持って行ったが、2回目は風評被害に苦しむ福島の農家を応援するためにいわき市で調達したそう。現地を訪れることにより、今何が求められているかが分かるという。「仮設住宅がある限り、この慰問交流は続けていきたい」と主催者は語る。
黙とうをささげる来場者
通常
追悼とともに、防災と備えの輪を広げよう
 追悼イベントでは、これまでと同様、午後2時46分の黙とうを挟み、その前後、オペラ歌手・立川かずささんによる復興ソング「花は咲く」の他、篠笛奏者・山田路子さん、林作衛さん、栗原茂バンド「モアモア」、今回初出演の和太鼓衆「雷夢」の演奏、祈りを捧げるフラダンス(プアマエオレ・フラスタジオ)が行われる。
 今年も千葉市に避難している双葉町出身の千代田信一さんが自作の福島慕情を歌い、被災者の心情を語る。
 会場には追悼・復興応援メッセージを記入する「黄色いハンカチ」コーナーも。この「黄色いハンカチ」は野菜と共に仮設住宅に持って行き、皆さんの気持ちを届けるそう。
イベント情報
開催年月日時曜日 3月11日(金)午後1時30分〜午後4時※雨天中止
場所 京成津田沼駅南広場
問い合わせ電話番号 047(475)3704
問い合わせ名 竹宵の会&実行委員会
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
切手王

会員ログイン