菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

市川アスナロズ|千葉県|市川市|スポーツ|野球|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2018/09/14掲載
市川アスナロズ
白球を追って頑張れ!
市川アスナロズ
チイね!
3
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
江戸川河川敷のグラウンドに少年・少女が集まり、暑い日も寒い日も野球の練習に励む。そんな野球チーム「市川アスナロズ」を紹介する。
千葉県第3位に輝いた実力あるチーム
千葉県第3位に輝いた実力あるチーム
通常
野球を通して心も成長する
 休日になると、ユニホーム姿の野球少年・少女の集団が自転車に乗って行き交っている。
 「千葉県市川市少年野球連盟」のサイトによれば、登録しているチームだけでも44チームある。そして春から秋にかけて、さまざまな野球大会が催されている。
 取材に訪れた日は、夏季大会の真っただ中。厳しい暑さが連日続く中でも、みんな疲れを見せずに、懸命にプレーしていた。
 高円宮賜杯第38回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント千葉県予選大会で第3位に輝いたクラブチーム「市川アスナロズ」の創部は1973年。45年もの歴史を持つチームで過去にはプロ野球選手を輩出したこともある。「野球を通してチームワークの大切さや、元気、笑顔、礼儀、あいさつ、感謝の心を学びます」と語る代表の小松崎孝さん。年長から小学6年生が参加対象で、大洲周辺にある小学校10校の児童が参加しており、メンバーは39人。平日の自主練習もあるが、基本は土・日曜、朝から練習に励む。主な練習場所は江戸川河川敷のグラウンドや大洲防災公園(市川市大洲1の18)で、練習の他にも交流を深める行事も多い。
夏季大会での1コマ
通常
多くの人がチームをサポート
 野球はピッチャー、キャッチャーなどと個人の役割がはっきりしているが、チームプレーが重要だ。「誰よりも大きな声を出して、チームを盛り上げるようにしています」とキャプテンの恒田和寿君。
 高学年チームの監督である河原利孝さんは、「けがや事故などなく卒業させることを第一に心掛けています」と話していた。多くの人の熱い指導と温かいサポートを受けて白球を追う市川アスナロズのメンバーたちの姿を見て、エールを送りたくなった。

※問い合わせTEL070(6611)3076小松崎
http://asunaros.boy.jp/
左から代表の小松崎さん、副キャプテンの浅岡君、キャプテン の恒田君、監督の河原さん
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
切手王

会員ログイン