菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

「こども食堂 からべえ」まもなくオープン|千葉県|成田市|食|食堂|老後・福祉|支援|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2017/07/14掲載
「こども食堂 からべえ」まもなくオープン
全国で広がる支援の形
「こども食堂 からべえ」まもなくオープン
チイね!
1
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
成田市の加良部ショッピングセンターの空き店舗が改修され、7月22日(土)、「こども食堂」として生まれ変わる。
運営委員会の皆さん。自習ルームは週3回開催している
こども食堂は、
こののぼりが目印
運営委員会の皆さん。自習ルームは週3回開催している
こども食堂は、 こののぼりが目印
通常
子どもからお年寄りまで集まれる場所
 もともとこの場所では、空き屋問題の解消と地域の活性化を兼ね「自習ルーム」として子どもたちに開放している。管理人の松永さんは、高校くらいまでの勉強なら教えられるとのこと。宿題だけではなく、読書やおしゃべりなど、利用の仕方はいろいろだ。そして、「いつかここでこども食堂ができたら」という思いがあったボランティアスタッフと、長年培ってきた「食」のネットワークを持つ、なのはな生活協同組合と加良部地区社会福祉協議会がタッグを組み「こども食堂
からべえ」がいよいよスタートする。さまざまな事情から、一人で食事をしている「孤食」の子どもたちを温かく迎え、団らんの中でいろいろな人たちの価値観に触れられる「こどもの居場所づくり」が最大の活動目的である。また、栄養バランスを考えた食事の提供を行うとともに、基礎学力の向上を目指し、学習する習慣が身に付く場所として地域に溶け込んでいきたいと願っている。もちろん子どもだけに限らず、一人暮らしのお年寄りや子育てに悩んでいる人など誰でも利用可能だ。
通常
利用者みんなで作る「からべえ」の姿
 「地域の活性化のため、社会的弱者の方に目が届くような支援をしていきたいなと思います。一人ぼっちにさせない、孤立させない、求めれば、周りに助ける人がいることを知ってほしいです」と運営スタッフの勝俣さんは語る。決して大きなことはできないけど、ごはんを一緒に食べて、話を聞くこと…。ボランティアスタッフ一同、そんな思いを胸に地域に根差した継続的な活動を目指している。初回のメニューは、カレーの予定だ。
イベント情報
開催年月日時曜日 ●こども食堂 からべえ 毎月第2・4土曜(毎月2回)正午~午後2時
場所 成田市加良部5‐5‐5(加良部ショッピングセンター内)
料金 大人300円、高校生以下無料
問い合わせ要項 ●自習ルーム 火曜・木曜・土曜午後3時~※状況によって変動あり/利用料金:無料
問い合わせ電話番号 090(9158)7018
問い合わせ名 涌井
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
ギャラリー翠

会員ログイン