>
>

成田市に新しい文化の流れ もりんぴあこうづ|千葉県|成田市|施設|図書館|福祉施設|子ども|子育て|生活|コミュニティ|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2013/06/21掲載
成田市に新しい文化の流れ もりんぴあこうづ
新しい複合施設が誕生!
成田市に新しい文化の流れ もりんぴあこうづ
チイね!
1
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
成田市の公津地区に複合施設「もりんぴあこうづ」が7月1日(月)開館する。中には「公津の杜コミュニティセンター」、「成田市立図書館公津の杜分館」、乳幼児までの親子が遊べる「公津の杜なかよしひろば」の三つの施設が入る。コミュニティセンターを中心に「もりんぴあこうづ」をぐるっと取材した。
外観
外観
通常
真新しい館内は開放的でスタイリッシュ
 1階エントランスを入ると広々とした吹き抜けとなっており、正面にインフォメーション、右手に学習室と、なかよしひろば。左手は、図書館があり、ここには約8万冊の蔵書が収められている。道路に面したテラスの壁面はガラス扉で、全てを開放できる。明るいカフェさながらのくつろぎ空間だ。
 2階へ階段を上がると各種発表会やコンサートなど、多目的に使える「MORI×MORIホール」。可動式の椅子や、音響などの最新の設備、控え室を備えている。同階に、会議室とギャラリーMORI×MORIがある。
 3階にはキッチン、音楽、工芸の各スタジオ。そして、休日や放課後の子どもが自由に遊べる「わんぱくルーム」。ここは屋上のテラスにもつながっている。エレベーターを完備し、車椅子で利用できるトイレも全階にある。
 内装は全階にわたり上品で、スタイリッシュ。どの部屋もガラス窓で大きく開かれて開放的だ。
通常
地域コミュニティーの今後の発展に期待
 田村修館長は「これまでいくつかの館の運営に携わってきましたが、これほど立派な施設は見たことがありません。職員一同、この素晴らしい施設にふさわしい最高のサービスの提供を心掛け、地域コミュニティーの発展に貢献していきたいと思います」と話す。
 趣味は将棋という館長。「もりんぴあ」の次の一手が待ち遠しい。
 6月30日(日)には、オープニングイベントが開催される。一般利用は7月1日から。

※問い合わせ
0476(27)5252
公津の杜コミュニティセンター
田村修館長
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
切手王

会員ログイン