>
>

四街道ブルースターズ|千葉県|四街道市|スポーツ|野球|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2019/10/04掲載
四街道ブルースターズ
全国大会初出場で3位入賞!
四街道ブルースターズ
チイね!
2
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
四街道市内の少年野球チーム「四街道ブルースターズ」が第41回全国スポーツ少年団軟式野球大会で3位に入賞した。チーム一丸となった快挙で、次は優勝を目指す、と猛練習を続けている。
全国大会3位入賞!
接戦だった徳島県代表との2回戦。監督の指示にも熱が入る
ファインプレーを称え、ガッツポーズ
全国大会3位入賞!
接戦だった徳島県代表との2回戦。監督の指示にも熱が入る
ファインプレーを称え、ガッツポーズ
通常
打力と俊足がチームの特色
 同大会は今年8月に兵庫県・淡路島で開催。千葉からバスで片道9時間の大移動による会場入りとなった。
 四街道ブルースターズは1回戦で岩手県代表の帯島スポーツ少年団に8対1、2回戦で徳島県代表の方上少年野球部に1対0で勝った。
 準決勝では、沖縄県代表の真喜良サンウエーブと接戦を展開したが、延長戦の結果、4対5で惜敗した。
 投手戦だったこの試合、四街道ブルースターズが先制したものの、逆転されてしまった。竹内裕一監督は「打力があり、足の速い選手が多いのがチームの特色。もう少し打てれば勝てた」と振り返る。しかし、初出場での堂々の3位入賞となった。
 四街道ブルースターズは2000年の創設。市内の小学生約60人が入部している。竹内監督らの指導で着実に力を付けてきた。
 今年6月の千葉県スポーツ少年団軟式野球交流大会で優勝。7月の関東ブロックスポーツ少年団軟式野球交流大会も優勝し、全国大会出場を決めた。
 チームは、関根侑汰君、山本弘希君らが打撃の要、投手陣は関根君、菅野珠生君、林田和弥君。快足なのは小林武琉君、竹内聡也君、小川琥汰郎君。
 主将の小林君は「全国大会出場はうれしかった。後輩には県、関東ブロックの大会を連覇してほしい」。菅野君は「全国大会では自分の力を出せて、満足している」。関根君は「高校では甲子園に出場したい」と語る。
ノックをする竹内裕一監督
通常
「5つの誓い」の発声で練習開始
 チームには選手が守るべき「5つの誓い」がある。①はずかしがらずに全力でプレーしよう ②かけ声は大きく、短く ③用具を大切にしよう ④仲間の失敗を責めない⑤勉強も一生懸命頑張ろう
 この誓いはチームの基盤になるもの。練習前に全員で大きな声で発声し、メンバーたちは誓いを胸に練習に励む。チームのOBには昨年のドラフトでプロ野球の中日ドラゴンズに入団した捕手の石橋康太選手(18)がいる。小学2年生からチームに入り、四街道西中から関東一高に入り、野球部で活躍した。
 プロ選手を輩出したチームを率いる竹内監督は「今年に予定されている全ての大会に優勝したい」と意気込んだ。
※問い合わせ_http://yotsukaido.89dream.jp/四街道ブルースターズ
練習前に「5つの誓い」を発声する選手たち
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
切手王

会員ログイン