菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

八幡台楽鼓の会|趣味|音楽|文化|音楽|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2018/10/05掲載
八幡台楽鼓の会
みんなで楽しく太鼓をたたこう!
八幡台楽鼓の会
チイね!
1
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
楽鼓の会の皆さん
楽鼓の会の皆さん
通常
3歳から年配者まで太鼓を楽しんでいる
 残暑の厳しい9月初旬の日曜日夕方。「楽鼓の会」練習場所の木更津市立八幡台小学校体育館を訪れると、おなかの底まで震わせるような太鼓の音が外まで響いていた。中に入ると、熱気に包まれた館内には、3歳から12歳まで15人ほどの子どもたちが師範の海沼さんの指導を受け、汗を流しながら太鼓をたたいていた。太鼓に向き合う表情は真剣そのものだ。
 練習の合間に話を聞いてみると、「太鼓をたたいていたおじいちゃんに憧れて始めた」「体験でたたいてみたら楽しかったから始めた」など、太鼓を始めたきっかけはそれぞれ。「太鼓は楽しい?」と聞くと、一斉に「楽しい!」と笑顔で答えてくれた。
イベントを熱く盛り上げる!
迫力満点の演奏
通常
太鼓でみんなを楽しく元気に!
 楽鼓の会の結成は1992年10月。楽しく太鼓をたたきながら友情を深める目的で「楽鼓の会」と名付けた。現在大人から子どもまで30人ほどが所属し、毎週日曜午後4時から2時間、八幡台小の体育館で練習に励んでいる。
 「太鼓の技術はもちろんですが、子どもたちには太鼓を通して、地域の人たちと交流を深めることを学んでほしい」と海沼さん。毎週の練習の成果を地元の祭りだけではなく、周辺地域の介護施設などでも披露している。年配の方々は太鼓の音に喜んだり、時には涙を流しながら聞いてくれるそう。子どもたちのキラキラの笑顔と力強い太鼓の音は地域の人たちを確かに力づけている。

※問い合わせTEL080(5093)7969海沼(かいぬま)
最年少は3歳。小さな体に大きなバチ、頑張って!
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
サポステ

会員ログイン