>
>

千葉県の「わんわんパトロール運動」|千葉県|子ども|通学路|ペット|犬|生活|防犯|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2018/08/03掲載
千葉県の「わんわんパトロール運動」
犬の散歩で子どもを見守り
千葉県の「わんわんパトロール運動」
チイね!
1
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
子どもを狙った犯罪は、児童生徒の下校時間である午後3時から日没にかけて多発しているという。その時間帯での犬の散歩を推奨し、防犯につなげようとの取り組みが県内で広まっている。
「子供の見守り活動の推進に関する協定」締結式にて
「子供の見守り活動の推進に関する協定」締結式にて
通常
登下校時間に散歩を犬にうれしい特典も
 わんわんパトロールは千葉県獣医師会と千葉県警察本部がタッグを組み、本年度から始動した。愛犬家に登下校時の見守りを呼び掛ける活動は全国各地で行われているが、千葉県では協力犬に対し「特典」を用意したことで話題を呼んでいる。
 わんわんパトロールの「協力隊員」に興味がある人は、近隣の獣医師会の会員動物病院(黄色い「会員動物病院之証」ステッカーが目印)へ問い合わせると、簡単な手続きで登録を行うことができる。
 後日、自宅へ郵送で①マイクロチップ装着助成券(1500円分)②健康診断助成券(1000円分)③協力隊員証(犬用バンダナなど)の3点セットが届く。この特典により、防犯活動推奨と同時に犬の安全・健康管理向上も目指す、一石二鳥作戦だ。
通常
社会と犬をつなぐ県獣医師会の貢献活動
 協力隊員への特典にかかる費用は、すべて千葉県獣医師会が負担する。
 「飼い主さんの意思表示としての行動が社会を安全にし、結果的に犬の健康寿命も延ばす。良い循環が生まれるきっかけになれば」と獣医師会専務理事の廣山さん。
 なお、千葉県獣医師会では、わんわんパトロールをはじめ、災害時などの動物救護活動や福祉介護犬医療費助成などの社会貢献活動を行っている。これらの活動を広げるためには一般の方の理解や協力が不可欠だ。同会では、会員動物病院に募金箱を設置したり振込用紙を用意するなどして、協力を呼び掛けている。詳しくは各病院または千葉県獣医師会まで問い合わせを。

※問い合わせ
TEL043(232)6980千葉県獣医師会(千葉市中央区都町463の3)
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
切手王

会員ログイン