菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

栄福寺薬師堂33年に1度の御開扉|千葉県|印西市|施設|寺|文化|歴史|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2017/11/10掲載
事前
栄福寺薬師堂33年に1度の御開扉
国指定重要文化財
栄福寺薬師堂33年に1度の御開扉
チイね!
3
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
国の重要文化財であり、千葉県最古の木造建築物、栄福寺薬師堂。11月12日(日)は33年ぶりに御堂の厨子の扉が開き、御本尊・薬師如来像が姿を見せる。
栄福寺薬師堂。御堂の右奥に見えるのは熊野神社
御堂絵が御堂内にある厨子。この扉が開かれる
栄福寺薬師堂。御堂の右奥に見えるのは熊野神社
の天井には天女の
描か
れている
栄福寺薬師堂。御堂の右奥に見えるのは熊野神社
御堂絵が御堂内にある厨子。この扉が開かれる 栄福寺薬師堂。御堂の右奥に見えるのは熊野神社 の天井には天女の 描か れている
通常
地域の人の手で守られる重要文化財
 国道464号、県道65号を1本入ると、のどかな風景が広がる。そこに静かにたたずむのが栄福寺薬師堂だ。かやぶき屋根の朱色の御堂は室町時代中期に建立。1954年には国の重要指定文化財に指定された。御堂の隣には熊野神社があり、寺と神社が同じ境内に共存するという形態も面白い。
 そんな貴重な寺ではあるが、現在は住職はおらず、地区の檀家23軒が薬師堂を守っている。
通常
33年ぶりに姿を見せる薬師如来像
 御本尊の薬師如来像は普段、堂内の厨子の中に安置され扉を閉ざしているが、今年は33年に1度の御開扉を迎え、11月12日(日)には御本尊の姿を拝むことができる。
 御開扉当日は、午前10時からの稚児行列から始まる。70人以上の子どもたちが華やかな稚児の衣装に身を包み、角田地区の入り口から薬師堂までの約300mを練り歩き、健やかな成長を願う。午前11時に御開扉の法要が行われ、いよいよ厨子の扉が開く。一般の参拝者が薬師如来像を拝めるのは法要が終わる正午以降とのこと。
御堂内にある厨子。この扉が開かれる
通常
角塔婆に触れ、無病息災を願う
 御堂の目の前に立つ太い柱は「角塔婆」というそう。現在は古びているが、これは33年前の御開扉の時に立てたもの。今回も当日、新たな角塔婆が立てられる。そして、五色のひもで薬師如来像の薬壷と角塔婆を結ぶという。五色のひもが結ばれた角塔婆に触れることは薬師如来像に触れるのと同じ意味を持つそうだ。参拝に来たなら角塔婆に触れ、薬師如来の御利益を頂き、無病息災を願おう。
 今回、御開扉を取り仕切る檀家総代の小名木さんは「33年前は高校生でした。当時は御開扉のことを知らなかったですが、年を重ねるごとに、みんなで大切に守っていかなければならないと思うようになりました」と話す。きれいに掃き清められた境内、刈り込まれた草木、入り口には見上げるほどのイチョウの木。その言葉の通り、地域で大切に守られていることがうかがえた。
入り口にはイチョウの木。鐘つき堂もある
イベント情報
開催年月日時曜日 11月12日(日)※雨天決行 稚児行列/午前10時~開扉法要/午前11時~(正午終了予定)
場所 印西市角田2(北総線印旛日本医大駅より徒歩約15分)※臨時駐車場あり(印西市鎌苅2014)
問い合わせ電話番号 090(1843)8744
問い合わせ時間 午前10時~午後6時
問い合わせ名 小名木
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
ギャラリー翠

会員ログイン