>
>

2.自転車の安全|埼玉県|越谷市|防災|事故|老後・福祉|事故|生活|事故|交通安全|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

通常
埼玉県警察と埼玉県交通安全協会は、自転車を安全に利用するための5つのルール「自転車安全利用五則」を、歌って楽しみながら覚えられる「5Song」を作り、県警ホームページで歌詞と動画を公開しています。
歌っているのは人気ガールズユニット「すたーふらわー」の2人。県警ホームページで動画も見られます
Ⓒ2014CJ Victor  Entertainment,Inc
通常
自転車安全 利用五則
①自転車は、車道が原則、歩道は例外
「自転車も のれば車の なかまいり」。自転車は「車両」です。車道を走りましょう。車道では周りの車の動きに注意しましょう。

②車道は左側を通行
車道を走るときは左端に沿って走りましょう。

③歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
自転車は歩道ではすぐに停止できる速度で、車道寄りをゆっくり走行しましょう。歩いている人にやさしく、危ないときは一時停止を。

④安全ルールを守る
◆二人乗り・並進の禁止
自転車の二人乗りや、横並びで走ることは禁止されています。また、飲酒運転も禁止です。

◆夜間はライトを点灯
暗くなる前に家に帰るのが一番ですが、もし暗くなったらライトオン。歩行者や車の運転手に「自転車がいるよ」と知らせることもできます。また、自転車の側面にも反射材を付けましょう。

◆交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
信号を守り、交差点では一時停止をして、左右の安全を確認しましょう。

⑤子どもはヘルメットを着用
自転車乗用中に交通事故で亡くなった人の半数以上が、頭部損傷(頭のけが)が致命傷となって亡くなりました(平成27年中)。自転車に乗るときはヘルメットを着用しましょう。また、せっかくのヘルメットも正しく着用しなければ効果が発揮されません。サイズの合ったヘルメットを選び、あごひもは必ず締めましょう。
▲県警ホームページの「自転車安全利用五則」ページにアクセスできます
通常
自転車も損害賠償保険に加入しましょう
自転車が加害者となり、多額の損害賠償を求められることがあります。自転車も保険に加入しましょう。保険の種類は「TSマーク付帯保険」「自転車総合保険」「個人賠償責任保険」等があります。詳しくは損害保険代理店や保険会社、自転車安全整備店で確認を。
※自動車保険などのオプションにより、自転車事故の賠償に対応している場合があります。
通常
平成28年4月6日~15日 「春の全国交通安全運動」実施
埼玉県の重点は「子供と高齢者の自転車乗用中の交通事故防止」です。通り慣れた道でも油断せず、交差点では必ず安全確認を。また運転者は、死角に自転車等がいるかもしれないと常に意識し、安全確認を必ず行いましょう。
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
地域通販へようこそ

会員ログイン