>
>

マクラメでビーズアクセサリーを作ろう|千葉県|市川市|イベント|アート|施設|科学館|趣味|アート|文化|アート|工芸|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

通常
世界に伝わる伝統の技術を体験して学ぶ
 千葉県立現代産業科学館は、展示の面白さと科学を身近に感じられるイベントで人気の施設。3月には新企画であるマクラメを使ったビーズアクセサリーが作れるイベントを実施する。
 マクラメとは、複数のひもを装飾的に編む技術のこと。世界中に広まっており、日本では組みひもと呼ばれ、市川市や松戸市は、古くから「江戸組紐」が盛んで、現在もその伝統が残っている。
通常
アクセサリー作りを新しい趣味に
 今回は、マクラメの中でも基本となる「平結び」という編み方でアクセサリーを制作。材料には麻ひも、アクリルひも、手芸用の刺しゅう糸、色付きのビーズやウッドビーズなどが用意されている。ひもとビーズの組み合わせによって、さまざまな雰囲気のオリジナルアクセサリーが作れる。
 「編み方を覚えれば、ご家庭でも簡単にできます。主婦の方やシニアのご夫婦の新しい趣味のご提案になればいいですね」と現代産業科学館の加藤さん。世界に一つのアクセサリーはプレゼントとしてもよさそうだ。
ひもにビーズを通して編んでいく
材料は簡単に手に 入るものばかり
オリジナルの アクセサリーができる
イベント情報
開催年月日時曜日 3月1日(火)、2日(水)①午前10時半~正午②午後2時~午後3時半(所要時間は1時間程度)
場所 千葉県立現代産業科学館(市川市鬼高1-1-3)
定員 各回とも30人(先着順。受付開始は各回とも20分前から)※小学生以下だけでの参加は不可
料金 材料費/200円
問い合わせ電話番号 047-379-2005
問い合わせ名 (普及課)
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
切手王

会員ログイン