菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

第11回 あびこカッパまつり|千葉県|我孫子市|イベント|祭り|夏休み|文化|祭り|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2018/08/10掲載
事前
第11回 あびこカッパまつり
我孫子市民がカッパになる日!?
第11回 あびこカッパまつり
チイね!
0
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
8月25日(土)に11回目を迎える「あびこカッパまつり」が今年も開催される。我孫子駅の南口駅前通りを練り歩く盆踊りでの大行進や、けやきプラザ前広場でのさまざまなパフォーマンスなど、楽しい企画が盛りだくさん。
河童音頭大行進
河童音頭大行進
通常
カッパになって 「河童音頭」を踊ろう
このまつりのメインは何といっても河童音頭を踊りながらの駅前通りの大行進。踊り手たちに合わせてまつりに遊びに来た人たちが次々に参加していく。もちろんそのままの服装でも参加できるが、カッパの扮装をして参加すればなお楽しめる。「カッパLABO」という、フェイスペイントをしたり段ボールを使ってカッパの甲羅を作ることができるブースも用意されているので、そこで変身してみるのも面白い。また、踊り部門と仮装部門でのコンテストも行われるので、大賞を目指してみるのもいいだろう。
駅前のロータリーには3mほどの特大カッパ灯ろうが飾られ、幻想的な雰囲気を醸し出す。竹宵という、竹筒に模様を彫ってくりぬき内側から明かりがこぼれ出る、その竹明かりの柔らかい光は、涼しさと優しさを感じさせてくれる。
そして今年も、中央学院高等学校の書道部とチアリーディング部がそれぞれレベルの高いパフォーマンスを披露してくれる他、ご当地アイドルの手賀沼サンセットや我孫子の歌姫三令さん、頭の皿が手賀沼で、その中で我孫子の市鳥のオオバンと白鳥が泳ぎ、市章の柄の浴衣を着た郷土色いっぱいのイメージキャラクター「あびかちゃん」も登場し、まつりを盛り上げる。
迫力のパフォーマンスを見せる中央学院高等学校チアリーディング部
通常
誰でも参加できる 我孫子の祭り
我孫子は歴史のある古い町ではあるが、近年大型のマンションや住宅地の造成により、新しい住民が増えてきている。そこで、新旧の人が入り交じって楽しめるイベントとして、このまつりが開催されることとなった。このカッパまつりは、さまざまな事情から20年間途絶えていたのが復活したもので、伝統の河童音頭大行進を中心に新しい企画を加え、今年で11回目を迎える。実行委員長の依田さんは、「昔からの歴史を大切にしつつ、人と人とのつながりを大事にして、新旧の枠を取り除いてコミュニケーションを図る一助になればうれしいです」と話す。 (梢)
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
ギャラリー翠

会員ログイン