菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

鳴く虫の夕べ|千葉県|鎌ケ谷市|自然・旅|環境|生物|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2017/08/11掲載
事前
鳴く虫の夕べ
「粟野の森の会」主催
鳴く虫の夕べ
チイね!
0
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
外国では虫の声は騒音と感じこそすれ、日本のようにその声から季節の変化を感じとり風情を味わう文化はあまりないという。ならば、その文化を皆で楽しみ、子どもたちと一緒に大切にしていこう。
粟野の森
スズムシ
エンマコオロギ
ウマオイ
粟野の森
スズムシ
エンマコオロギ
ウマオイ
通常
観察会で鳴く虫に親しみ、学ぶ
 都市化の波の中で自然を失いつつある鎌ケ谷市内で、多くの人の努力で今も変わらぬ豊かな自然を残す粟野の森。もう16年以上も、この森の保全の中心となって活動を続けている粟野の森の会が、今年も「鳴く虫の夕べ」を開催する。鳴く虫と聞くと、「あれ松虫が鳴いている」で始まる文部省唱歌を思い出し、声に聞き覚えはあっても、実際に松虫の姿を見た人は少ないだろう。
 小さい虫が声を上げるのは、敵に自分の居場所を教える危険行為。でも、恋を成就させるには、声を上げないと気付いてもらえない。だから、暗がりで姿を隠して鳴く虫たち。われわれの目に触れないのは、当然のことなのだ。
そこで、まず観察会では粟野コミュニティセンターの明るい室内で、そんな人の目に触れづらい15種類ほどの虫の姿を見せてくれる。実際に目で確かめ、声を聞き分け、触ったりして、虫と親しんでみよう。子どもとは別に、大人向けの虫にまつわる日本文化の解説もあり、大人も子どもも楽しめる企画だ。
まずは、じっくり明るい所で観察
通常
夜の散策で、実際に虫の声を聞く
 後半は、粟野の森やその周辺の自然を知り尽くした会員の案内で約1時間、粟野の森周辺を虫の声を聴きに実際に歩く。虫には、ウマオイにはウマオイ、スズムシにはスズムシの好きな場所があり、すみ分けがされているという。さあどこで、どんな虫たちに出合えるだろう?
 「粟野の森周辺は豊かな自然に恵まれているとはいえ、私たちが活動を始めてからも変化を感じてきた。キリギリスはこの周辺ではもう絶滅し、クツワムシもだいぶ減ってきている。虫の声にも、自然の変化を感じ取れる。そこから、自然を守る大切さを体で感じとってほしい」という小出代表の声にもしっかり耳を傾けよう。
 希望者には、代表が育てたスズムシを分けてもらえるよ!
イベント情報
開催年月日時曜日 鳴く虫の夕べ 8月27日(日)午後6時半~午後8時半(雨天決行)
場所 粟野コミュニティセンター(鎌ケ谷市粟野79-1)
定員 20人(先着順)
料金 100円(保険代込)
問い合わせ電話番号 090(6309)4379
問い合わせ名 小出
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
ギャラリー翠

会員ログイン