>
>

全力!部活動|千葉県|我孫子市|スポーツ|ラグビー|子ども|部活|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

通常
ラグビーをしたいその一心で集まった
 この我孫子高校女子ラグビー部を指導するのは、顧問の小泉幸一先生。もともと市立船橋高校でラグビー部を指導していたときに、「やってみたい」という全国初の女子部員を受け入れてから、小泉先生はラグビーに憧れる女子たちの目指す場所となった。先生が我孫子高校に異動してから6年。ここも初めは男子だけの部活だったが、噂を聞きつけた女子たちが少しずつ集まってきて、現在は女子部員6人で活動している。
 我孫子はラグビーチーム「NECグリーンロケッツ」があることもあり、子どもたちにもラグビーが身近にある土地柄。小学生女子がラグビーをやることも珍しくはないが、中学、高校と成長するにつれて女子のラグビー人口が減っていくのを懸念した小泉先生は「やりたい、という子たちにチャンスの場を用意しておきたい」と、我孫子高校の部活とは別にクラブチームも立ち上げた。部員たちも、土日はそこで練習している。
理学療法士の先生からは体の使い方を学ぶ
通常
ぶつかり合いの中に優しさを感じる
 我孫子高校女子ラグビー部は、県から強化指定校にされている。その中で強化指定選手であるピート染谷瑛海さん(2年)は、ラグビーの魅力を「ボールが回ってくるのも、トライを取るのも、みんなでつないできたという喜びを味わえるスポーツ」と語ってくれた。社会人で練習に参加している中村紘子さんは、「小泉先生の指導を受けて学びたかった」と語る。他にも、高校に入って初めてラグビーをした部員は何人もいるが、みんなラグビーと小泉先生への思いを持ち、ひたむきに努力を続ける。
 練習中、声を荒げるどころか、静かに部員を見守っている小泉先生。「ラグビーは人と人とのぶつかり合いのスポーツ。心も体もぶつかっていく中に人の優しさを感じられるのが魅力です。ほとんどは思い通りにいかないことばかりだが、たまにうまくいったときが面白いんですよ」と教えてくれた。小泉先生が育てた選手たちが、東京オリンピックで活躍する日が待ち遠しい。
練習は男子と同じメニューをこなす
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
切手王

会員ログイン