公益

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

千葉氏 ×「 北斗の拳」夢のコラボ!||地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2018/06/08掲載
千葉氏 ×「 北斗の拳」夢のコラボ!
「千葉市はもうやっている」
千葉氏 ×「 北斗の拳」夢のコラボ!
チイね!
0
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
千葉市の礎をつくったとされる武将・千葉常胤が生誕900年を迎えた。「北斗の拳」は連載開始から35周年。記念の年に実現した今回のコラボ。繋いだのは、空に輝く星だった。
デジタルサイネージデザイン
©武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証 GT-408
デジタルサイネージデザイン ©武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証 GT-408
通常
千葉氏の守護神「妙見様」
 天空にある不動の星。北半球に住む人々にとって、己の目指す方位や、自分の今いる位置を知る手掛かりとされた北極星。日本では、古来、北極星や北斗七星を「妙見」としてあがめてきた。「妙見」とは優れた視力の意で、私たちの行いの善悪、真理を見通す力を表している。
 全国に分散した千葉一族を精神的に束ねていたのが、この妙見信仰だ。
通常
北斗が結ぶ。千葉氏と「北斗の拳」
 北極星や北斗七星を信仰した千葉氏。その中興の祖といわれ、千葉市の礎をつくったとされる武将TEL千葉常胤は今年、生誕900年。そして、「北斗神拳」の流派の象徴としてさまざまな場面で北斗七星が登場する他、登場人物の生死など、運命を北斗七星になぞらえたシーンもあり、北斗七星を物語の重要な鍵としている人気漫画『北斗の拳』は、連載開始35周年。北斗七星に縁深い双方が記念の年を迎えたことから、今回のコラボが実現した。
 コラボ企画第1弾として、JR海浜幕張駅改札内のデジタルサイネージ(電子看板)で、千葉常胤と「北斗の拳」がコラボした静止画像が放映されている(〜3月31日)。午前5時から午前0時の間に3分に1回、15秒間見ることができる。
 第2弾は、幕張メッセ国際会議場入り口前で、同じデジタルサイネージ(静止画)が。また、同メッセビジョンでは、15秒の動画が放映されている(〜8月31日の予定)。
 第3弾は、「千葉モノレールラッピング車両の運行」が開始している(〜11月までの予定)。内装も変わっているので注目したい。
 第4弾は、「開業30周年千葉モノレールで行く!北斗七星スタンプラリー」が開催(〜12月25日)。
 第5弾は、「千葉氏×『北斗の拳』コラボグッズ」が販売されている。いずれも千葉都市モノレール内の千葉、千葉みなと、都賀、千城台駅の各駅にて。モノレールとのコラボ企画は千葉都市モノレール(株)に問い合わせを。次のコラボ企画も楽しみだ。
モノレールラッピング
補足説明
問い合わせ
TEL043(245)5052
千葉市総合政策局総合政策部都市アイデンティティ推進課

モノレールとのコラボ企画問い合わせ
TEL043(287)8216
千葉都市モノレール(株)
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
切手王

会員ログイン