>
>

金井宣茂宇宙飛行士プロジェクト|千葉県|市川市|習志野市|自然・旅|宇宙|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

通常
新世代として期待 金井宇宙飛行士
金井宣茂宇宙飛行士は、1976年東京都生まれ、千葉県で育った。2009年にJAXAに入社、現在国際宇宙ステーション(ISS)第54次・55次長期滞在クルーとして、今年12月ごろより長期滞在予定だ。金井宇宙飛行士に縁のある市川市・習志野市・東邦中高等学校の三者で、金井宇宙飛行士のISS長期滞在ミッション活動(打ち上げ・ISS滞在中・帰還)に合わせ、宇宙を身近に感じられるイベントを数多く実施し、地域と共に金井宇宙飛行士を応援するのが、金井宣茂宇宙飛行士プロジェクトだ。また、今回のプロジェクトでは「ISSリアルタイム交信イベント」への参加も目指している。
スペースシャトル「アトランティス号」から撮影されたISS ©JAXA/NASA
通常
プロジェクトの窓口東邦中高等学校
 プロジェクトの事務局となっている東邦中高等学校では、昨年9月、校内の委員会である「宇宙教育プロジェクト委員会」を立ち上げた。その後、市川市・習志野市と協力し、校外に対しても今回のプロジェクトが始動。学校内は生徒が宇宙を身近に感じられる工夫が。校舎本館に入ると、JAXAから借りているという展示物がずらり。まるで博物館の入り口のようだ。このような環境なら、生徒も自然と宇宙に興味が湧くだろう。
 夏休みには、8月7日(月)千葉工業大学や東邦大学から専門家を招いて宇宙に関する市民公開講演会が開催される他、校内向けにはJAXA筑波宇宙センターへの見学会を行う。9月16日(土)・17日(日)の文化祭では、一般の人でも展示の見学や秋山元宇宙飛行士講演会への参加が可能。また、学校の食堂協力の下、宇宙食の再現も計画中。もしかしたら文化祭で味わうことができるかも⁉
通常
宇宙好きキッズはぜひ習志野へ
 宇宙好きの子どもたちは、習志野市のイベントも要チェック。11月に大久保図書館で、宇宙関連の図書を特集展示する。12月には、房総にある鹿野山少年自然の家で、親子宿泊体験会・星空教室を企画中。習志野市総合教育センターでは、11月1日(水)から7日(火)まで行われる習志野市総合教育展覧会に合わせて、ドーム館(ロビー)に宇宙関連の資料掲示や映像を上映する。3月には同センターで、星座早見盤の作成や、映像を映し出しての星空教室も実施予定。この機会に、地元の夜空を見上げ、宇宙に思いをはせてみては。

※問い合わせ
TEL047(472)8191
金井宣茂宇宙飛行士プロジェクト実行委員会事務局
柴田
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
切手王

会員ログイン