>
>

埼玉県立春日部女子高等学校1年 印南 舞さん|埼玉県|春日部市|イベント|大会|子ども|高校生|趣味|読書|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2020/02/14掲載
事前
埼玉県立春日部女子高等学校1年 印南 舞さん
ビブリオバトル高校生大会で全国一に!
埼玉県立春日部女子高等学校1年 印南 舞さん
チイね!
1
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
第6回全国高等学校ビブリオバトル埼玉県代表に選ばれた印南舞さんは、1月26日に都内で行われた決勝大会に出場。全国の高校生ビブリオバトラーの頂点に上り詰めた。

※写真協力:井上晴雄
『デフ・ヴォイス』を手にする印南さん
『デフ・ヴォイス』を手にする印南さん
通常
エンタメを通じて社会の問題を訴える
 バトラーと呼ばれる発表者が、制限時間内に愛読書を薦めるビブリオバトル。発表と質疑応答の後、会場内の投票で最も「読みたい」と思わせたバトラーがチャンプとなる。
 大手町で行われた全国決勝大会には各都道府県からの代表者と、東日本大会、西日本大会などの勝者51人の高校生バトラーが集結。印南さんは6人で行われた準決勝を1位で通過し、最終的に8人に絞られた決勝では、トップバッターでプレゼンした。
 印南さんが選んだ本は、丸山正樹さんのミステリー『デフ・ヴォイス』。埼玉を舞台に法廷の手話通訳士が事件を解明する。「単なる謎解きではなく、音の聴こえない世界も垣間見ることができます」と、聴覚障害者に関わる社会問題を会場に訴え、ゲストの作家・岡崎琢磨さんの質問にも誠実に回答、会場からの投票で最も多くの支持を受け、全国一に輝いた。
丸山正樹さん(左)、辻村深月さん(右)とうれしい記念撮影
会場に語り掛ける発表が響いた
全国から高校生バトラーが集結
通常
作者と読者の間に通じる思い
 「優勝者で自分の名前が呼ばれた瞬間はびっくりしました」と印南さん。「トップで発表したので、聞く人の印象が薄れてしまうのではと不安もありましたが、思いのすべてを伝えました」
 会場には著者の丸山さんも応援に駆け付け、表彰式では壇上で印南さんの健闘をねぎらった。「丸山先生からは、たくさんの言葉、勇気、愛情をいただき、大きな力になりました」と語る印南さん。丸山さんも「自分の書きたかった思いが読み手に届いていることに喜びを感じた。小説を書いてきてよかった」とコメントを寄せた。
 決勝大会にゲスト参加した作家の辻村深月さん、岡崎琢磨さんの大ファンでもあるという印南さん。今回プレゼンに選んだ本の他には貴志裕介さんも大好きで「全作品そろえています」と笑顔で語った。
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
切手王

会員ログイン