菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

「埼玉県産を食べよう!」埼玉ブランド農産物フェア|埼玉県|イベント|フェア|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2017/11/10掲載
「埼玉県産を食べよう!」埼玉ブランド農産物フェア
草加や越谷のレストランも参加!
「埼玉県産を食べよう!」埼玉ブランド農産物フェア
チイね!
0
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
11月は埼玉県地産地消月間。秋の味覚が出回るこの時期に、「近いがうまい」と銘打って、県の農産物を使ったグルメフェアが催される。
通常
シェフが自慢の腕を振るう飲食店フェア
 フェアメニューは、県内19店と県外2店の合計21の参加店舗で提供される。草加市からエントリーしたのは、草加パリ食堂Herbes(住吉1の4の10パティオ菊水202)の「彩の国黒豚と長ねぎのソテー五目レンズ豆添え」と、Café&Dining SOKA 80(氷川町2148の1)の「SoKa埼玉名産の里芋と草加市名産の枝豆が入ったコロッケ」の二つ。越谷市からエントリーしたのは、地場野菜イタリアンカポナータ(東越谷6の122の3)の「魔法のスパイス狭山茶の濃厚カルボナーラ」。
 いずれの店でも「埼玉ブランド農産物総選挙中間発表」で上位にランクインしている、ネギ・黒豚・枝豆・狭山茶などの人気農畜産物を使ったオリジナルメニューが堪能できる。普段から県産食材を使用しているシェフも、「初めて使った食材もあるが、非常に味が良くて驚いた」と話している。
彩の国黒豚と長ねぎのソテー五目レンズ豆添え
SoKa埼玉名産の里芋と草加市名産の枝豆が 入ったコロッケ
魔法のスパイス狭山茶の濃厚カルボナーラ
通常
特設サイトで投票コンテスト開催
 シェフの人柄やこだわりまで、料理人の顔が見えるグルメサイトとして人気の「ヒトサラ」特設サイトで、参加店舗フェアメニューを対象にした人気投票を実施する。上位五つのメニューのレシピカードを作成し、県内量販店などで配布する予定だ。また、投票した人の中から抽選で20人に、大手ネット通販ギフト券千円分がプレゼントされる。県として新たな取り組みに懸ける思いを、「扱う店が限られ、口にする機会が少ない地鶏タマシャモなどのブランド畜産物や、埼玉の風土が培った『近いがうまい』新鮮野菜を楽しんでほしい」と県農林部の担当者は語る。家庭料理のレパートリーに加えられるお気に入りのレシピが見つかりそうだ。

※問い合わせ
TEL048(830)4106埼玉県農林部農業ビジネス支援課
https://hitosara.com/areaguide/saitama/
または「埼玉ブランド農産物フェア」で検索
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
ギャラリー翠

会員ログイン