>
>

勇気の翼|千葉県|流山市|施設|消防署|防災|防災訓練|火災|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2019/08/23掲載
勇気の翼
歌とダンスで火災予防をPR
勇気の翼
~おおたか君のテーマ~
チイね!
2
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
今年の3月末に、流山市消防本部応援ソング「勇気の翼~おおたか君のテーマ~」が完成した。消防職員などが代わる代わるこの歌を歌いながら踊るミュージックビデオ(以下MV)が好評だ。
「音楽で地域を盛り上げたい」とソノライフ(左から北出さん、千坂さん)
住宅用火災警報器の設置をPR
子どもたちも参加
「音楽で地域を盛り上げたい」とソノライフ(左から北出さん、千坂さん)
住宅用火災警報器の設置をPR
子どもたちも参加
通常
YouTube再生回数は5000回超
 流山市消防本部のマスコットキャラクター「おおたか君」が屋上から流山の街を見守る映像から始まるこのMVは、流山おおたかの森駅、南流山駅、運河駅のデジタルサイネージ(デジタル看板)で上映。また、YouTubeでも公開され、再生回数は5000回を超える。
 撮影には、消防職員を中心に、消防団や流鉄も協力。救急車や消防車両の前で、それぞれの制服や活動服を着て救急車の適正利用や消防団員募集をPRし、最後は火の用心の文字で締めくくり火災予防を呼び掛ける。
 市内の5幼稚園の園児も元気にダンスを披露してくれている。MVを作成した職員は「みんな振りをすべて覚えていて驚きました。『もう1回、もう1回』と、すごく楽しそうに踊ってくれて、先生からはお遊戯に使いたいという声もいただきました」と、撮影時のエピソードを明かしてくれた。
「おおたか君」は119番をPR
通常
唱えてごらんよ魔法の数字を119
 おおたか君から消防や救急のPRができればと、東葛地区を中心に音楽活動を行うピアノ&ボーカルユニット「ソノライフ」にテーマ曲の制作を依頼。歌詞を担当した千坂さんは、「職員の方から消防や救急現場の話を聞きイメージを膨らませました」と話す。子どもにも分かりやすいよう活動服の色や赤色灯を「命を守るオレンジの光」と例えたり、119番を魔法の数字と紹介。「悲しい涙の音は聞きたくない」と消防隊や救急隊の思いを代弁する。曲を付けた北出さんは「親しみやすく誰でも歌える曲」を目指したと言う。
 「このMVが流山市の安心安全に貢献し、特に子どもたちの啓発になれば」と担当職員。市民からは「消防っぽくなく、爽やかでいい」「ほんわかとする」などと上々の評判だ。「この街がいつもいつまでも笑顔であふれるように」、そんな思いのもと消防職員は今日も昼夜を問わず活動している。


問い合わせ:04(7158)0299流山市消防本部消防総務課
緊急車両の前でダンスする消防・救急職員
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
切手王

会員ログイン