菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

全力!部活動|千葉県|船橋市|スポーツ|弓道|子ども|高等学校|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

通常
県男子団体4位!東日本高校弓道大会へ
 男子団体では63校が出場した千葉県予選会で4位入賞を果たし、東日本大会への出場権を得た船橋啓明高校弓道部。しかし、練習環境が恵まれているわけではない。校内に弓道場が存在しないのだ。「校内でできる弓道部らしい練習は巻藁くらい」と顧問の中村先生は語る。
 部員たちは、運動場の片隅に置かれた巻藁に向かい矢を放つ。42人の部員が、決して広いとはいえない場所で順番に並び、各々の射形を動画に収め、自身でたびたび確認する。自分の順番が来ると、表情を引き締め呼吸を整える姿が印象的。巻藁に向かう部員の顔は真剣で輝いていた。
 船橋市運動公園の弓道場で、一般の人に交じり数名ずつが練習に向かうものの、的を狙って矢を放てる本数はとても少ない。限りある時間と場所での練習が、高い集中力を磨き上げる底力となっていそうだが、練習試合の回数を増やし、的を狙って矢を放つ機会を増やした顧問の配慮と愛情も部員たちの支えになっている。
通常
正射必中!自分自身と向き合う競技
 個人競技に憧れを抱き入部した部長の安藤君をはじめ、部員たちのほとんどは高校に入学してから弓道を始めたという。「スタートが一緒、というのが他のスポーツでは味わいにくい弓道部の魅力の一つです」と語った。
 腕力を付けて足腰を鍛えればいいというわけでもない。体全体を弓と一体化し精神を集中させる、非常に精神力が要る競技だが、部を卒業するときには全員が有段者になることが当たり前とされる船橋啓明高校弓道部。3月27日(金)から行われる東日本大会でも輝きを持った矢を放ってくれることだろう。
貴重な船橋市運動公園での練習
集中して矢を放つ!
巻藁
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
切手王

会員ログイン