菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

「入って安心! RinRinそうか」スタート|埼玉県|草加市|防災|事故|老後・福祉|事故|生活|事故|防犯|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2018/02/09掲載
「入って安心! RinRinそうか」スタート
万一の自転車交通事故に備えて、加入義務化
「入って安心! RinRinそうか」スタート
チイね!
1
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
 自転車愛用者が多い草加市は、ここ数年、自転車事故率県内ワースト10位以内という不名誉が続いている。県は今年4月から自転車保険の加入を義務化。これを受けて草加市では、独自の保険「入って安心!RinRinそうか」をスタートする。
以前は人が歩きにくくなるほど乱雑だった
整然と並べられた、現在の草加駅東口の
自転車置き場の様子
以前は人が歩きにくくなるほど乱雑だった
整然と並べられた、現在の草加駅東口の 自転車置き場の様子
通常
本人だけでなく対人事故にも備える
 市内の各駅前やショッピングセンターなどの乱雑な自転車置き場の光景は、市民の協力もあって、今ではかなり整然としてきた。しかし、自転車による事故は年々増加傾向にある。2016年の市内での死亡者は3人、負傷者は384人。17年1月から11月までは、人口1万人当たり12.8人と県内でワースト4位。この不名誉な自転車死傷者率をなんとかして減らしたい、というのが関係者の思いだ。
 草加市では1968年から「草加市交通災害共済」があり、市民に加入を呼び掛けていたが、2016年度の加入者は約4万人、加入率は16.4%にとどまる。この共済は自転車事故などでけがをした人を補償するものだが、昨今、自転車による他人を巻き込んだ事故が全国で多発している。
 草加市で4月からスタートする傷害総合保険「RinRinそうか」は、市と民間保険会社が共同で創設した、対人事故にも備えた「交通事故補償型傷害総合保険」だ。自転車事故で加害者になってしまった場合には、損害賠償責任は最高1億円までカバーされる。
通常
「本人用プラン」と「家族用プラン」
 契約プランは2タイプある。「本人用プラン」は、加入した本人が対人事故を起こした場合、個人賠償責任補償が1事故につき1億円、本人が死亡したときは死亡保険金が120万円、後遺障害保険金が障害の程度に応じて4.8万円から120万円、入院保険金は1事故につき180日限度で日額2000円、手術保険金が1万円または2万円が給付される。これで保険料が年間2000円だ。本人プラス家族のけがの補償を追加できる「家族用プラン」は、年間保険料が追加1000円。保険期間は今年4月1日から来年4月1日まで。市内在住・在勤・在学者が加入できる。現在申し込み受け付け中で、加入締め切りは3月26日(月)。郵便払い込みか、市役所本庁舎西棟1階特設窓口で受け付けている。

※問い合わせTEL048(922)1641草加市市民生活部交通対策課交通安全係(直通)
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
ギャラリー翠

会員ログイン