菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

防ごう! 交通事故|千葉県|生活|防犯|交通|交通安全|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2019/01/11掲載
防ごう! 交通事故
早めのライト点灯、歩行者優先で
防ごう! 交通事故
チイね!
3
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
2018年、千葉県の交通事故死者数は17年を上回ってしまった。極めて深刻な事態に千葉県警察本部では、交通事故抑止活動を進めている。
ライトは早めに点灯を
ライトは早めに点灯を
通常
「交通安全県ちば」を目指して
 2018年は悲惨な交通死亡事故が多発した千葉県。17年の交通事故死者数154人に対し、186人と増加。全国的には減少傾向にある中、愛知県に次ぐワースト2位という状況だ。年齢別に見ると、65歳以上の高齢者が97人と半数以上。市町村別では千葉市が事故発生件数、死亡者数共にワースト1位、死者数では次いで野田市、松戸市、市原市が同数となっている(いずれも18年12月31日時点)。
 この事態を受け、昨年11月、森田県知事が交通安全を呼び掛ける緊急ビデオメッセージを配信。千葉県警は、県民に交通ルールの遵守と交通マナーの実践をしてほしいと、さまざまな交通事故抑止活動を実施している。
通常
右からの横断に注意歩行者優先の徹底を
 2017年の死亡事故154件を見ると、交通事故が多く発生する時間帯は夕暮れ時から夜間にかけて。特に夜間は右側から横断してくる歩行者がドライバーから見えづらく、左側からの歩行者よりも多く事故に巻き込まれている。これらを防止するため推進しているのが「3・ライト運動」。
 ①車は早めの「ライト」点灯とハイビームの利用②歩行者は反射材やLEDライトなどで「ライトアップ」して目立つように③車TEL歩行者共に「右(ライト)」からの横断注意。これら3つの「ライト」を守って事故を防止していきたいものだ。
 事故発生状況は車両対歩行者の死亡事故が60件と多く、中でも歩行者の横断中の事故が37件と特に多い。歩行者優先を徹底するため千葉県警が実施しているのが「ゼブラストップ作戦」だ。前方をよく見て、横断歩道手前ではブレーキ操作で安全確認。そして早めのライト点灯を呼び掛ける。
 JAFが17年に調査した全国の信号機のない横断歩道の一時停止率は8.5%。全国的に見ても歩行者優先が徹底されていないのが実情。横断待ちの歩行者がいるときは、横断歩道の手前で停止。歩行者は無理な横断はせず、しっかり左右を確認。悲惨な事故が起こらないよう、ドライバーも歩行者も安全第一を心掛けてほしい。
自転車はヘルメットを着用
反射材を利用して 夜間も安全に
補足説明
交通安全の情報は
【千葉県警 交通事故を防ぐために】で検索
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
切手王

会員ログイン