>
>

女性木工職人水上由貴さん|埼玉県|三郷市|生活|仕事|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2018/08/24掲載
女性木工職人水上由貴さん
職人の枠を超えて地域に貢献
女性木工職人水上由貴さん
チイね!
1
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
三郷市鷹野で、注文家具を中心とする木工房「ゆき工房」を営んでいる水上由貴さん。積極的に人と関わりながら多くの地域活動に参加し、地域に根差した木工職人として活躍している。
「人と関わるのが好き」という水上由貴さん
「人と関わるのが好き」という水上由貴さん
通常
会社員から職人にジョブチェンジ
 幼い頃からものづくりが好きだったが、大学の専攻は英文科で、木工の勉強は卒業後に始めたという。キッチンメーカーに就職してから知人の紹介で出会った木工職人の仕事にほれ込み、会社員のまま弟子入りした。
 退職後に中国語と家具の勉強のために中国に留学、帰国後に独立。2013年に「おとぎの国の積木ちゃん」がグッド・トイ賞を受賞。女性ならではの視点と経験を生かし、安全で使いやすい家具を提案している。
グッド・トイ賞を受賞した「おとぎの国の積木ちゃん」
通常
人との関わりが広がり地域との関わりへ
 本職の傍ら、三郷市教育委員会人権教育推進協議会委員、放課後子ども教室実行委員、みさと凧の会会員、三郷市日中友好会事務局長など、多くの地域活動に尽力。市内のイベントでは講師として、木工教室やものづくり教室の指導も行う。仕事の枠を超えて、興味のある事や「やりたい!」と思った事に関わってきた結果だそうだ。
 「工房の外に出て、いろいろな場所や人に触れるのは学ぶ事も多く、楽しい。少しでも地域の人たちに貢献し、また、学び合えたらうれしい」と話す。
使い手の要望を一つ一つ聞いて作られる家具
通常
地域活動の経験が仕事のアイデアにも
 人が好きという思いは仕事にも。水上さんが作る家具は全てオーダーメイド。壁や隙間にぴったり合うテーブルや収納のオーダーに、ミリ単位で応える。「まずはお客さまの話をよく聞いて、できる事は極力かなえたい」
 「みさと凧の会」の活動を通して、オリジナル商品「祝い凧」のアイデアがひらめいたのは、日本の伝統工芸を残したいという思いがきっかけだった。学校や介護の現場にも足を運ぶ機会が多い。今後も活躍の場が広がりそうだ。

※問い合わせ
TEL048(955)3272ゆき工房(三郷市鷹野2の429)
https://tako-yuki-kite.com/
出産や新築などの 贈答品に人気という「祝い凧」
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事

会員ログイン