>
>

町家ひな祭り|千葉県|印西市|イベント|ひな祭り|文化|ひな祭り|歴史|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

通常
七段飾りに打ち掛け伝統文化を楽しむ
 武蔵屋のひな祭りは今年で14回目。印西市で唯一の国登録有形文化財である建物を市民に知ってもらおうと、現当主の岩井宗志さんが地元の仲間に声を掛けて始まった。
 ひな人形は、七段飾りが二つと、多くの内裏びな。つるしびなの他、手作りの人形も。時代は大正期から現代のものまでさまざま。地元の家庭から持ち込まれた時代不詳のものもあり、いつのものか推測しながら見るのも楽しい。
 昭和初期に花嫁衣装として使われた打ち掛けも飾られ、華やかな雰囲気を盛り上げてくれる。
通常
気軽に楽しめるグルメも充実
 土間では、日本古来の遊び、貝合わせが体験できる。今年はハマグリに絵を描く体験も(土日のみ)。
 1階奥のカフェ「町家カフェむさしや」が、期間中の土日は、より気軽に食べられるメニューを用意(木・金は通常メニュー)。
 梅の花咲く中庭では、打ち掛けを羽織っての撮影体験(土・日のみ)の他、焼き芋、甘酒、焼き餅、おしるこなどが販売される。
 迎えてくれるのは、地元有志のボランティアたち。伝統文化を継承しながら地元を盛り上げていこうとする人々だ。
 東日本大震災で被災した際も、有志たちによる手作りの修繕で復活した武蔵屋。
 ひな祭りは年々注目を集め、近年は千葉ニュータウンからの来場者も増えているという。
 今年は4日間限定のひな祭り。江戸期の町家で、伝統のひな祭りを体験してみてはいかが。
イベント情報
開催年月日時曜日 町家ひな祭り 2月28日(木)~3月3日(日)午前10時~午後4時
場所 「武蔵屋」まちかど博物館(印西市木下1645 JR木下駅徒歩3分)
料金 入場無料※各種体験のうち一部有料
問い合わせ要項 ※小雨決行。雨天の場合、屋外イベントの縮小あり
問い合わせ電話番号 090(2525)0559
問い合わせ名 岩井
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
切手王

会員ログイン