>
>

栗山配水塔見学会|千葉県|松戸市|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2019/03/15掲載
事前
栗山配水塔見学会
この日限りの一般公開
栗山配水塔見学会
チイね!
2
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
2017年に国の登録有形文化財(建造物)に指定された地域のシンボル、千葉県水道局の施設「栗山配水塔」見学会が3月30日(土)に開催され、配水塔の内部も公開される。
桜に彩られる街のシンボル
桜に彩られる街のシンボル
通常
芸術的な塔を間近で桜と共に写真撮影も
 「栗山配水塔」は、1937年、県営水道の創設当時に松戸市に建設され、2017年に文化庁の登録有形文化財(建造物)に登録された。建設から80年以上たった今も稼働しているという希少価値に加えて、美しいドーム状の屋根を持つ芸術的な外観が評価されたとのこと。現役の水道施設なので、衛生や安全面から普段は立入禁止だが、見学会当日は、地下にある配水池を覆う芝生など敷地の一部に入れるので、ぜひ訪れてみたい。
 楽しみは、近代遺産の塔を、間近に見られること。高さ31.9mの迫力ある白い塔は、緑の屋根の上に、「パーゴラ風」といわれる藤棚のような通気口があり、繊細な美しさも兼ね備えている。この日は写真撮影も許可され、桜と一緒に撮れるので楽しみだ。
 同日に、共に登録有形文化財に登録されている千葉市の「千葉高架水槽」でも見学会が行われる。
千葉県営水道の マスコットキャラクター 「ポタリちゃん」が 子どもたちを歓迎
通常
配水塔の内部見学や上部からの眺望も
 塔内の見学もできるので、子どもにも大人にも興味深いのでは。担当者の誘導で、ガラス越しに、有効水深20mの青々とした水槽も見られる。近くを流れる江戸川から取水した水が、栗山浄水場で飲み水となりここに貯水され、松戸・市川・船橋各市の一部に配水される重要なライフラインだ。太平洋戦争時には、塔を黒く塗って爆撃から守ったというエピソードもある。また、階段を上り、塔上部から景色も見られる。スカイツリーの他、好天なら富士山や筑波山も見えるという。現役の水道施設を見学できる貴重な機会、80年を超える歴史に思いをはせてみては。
塔内見学はヘルメット着用(貸与)で 安全に
イベント情報
開催年月日時曜日 3月30日(土)午前10時~午後2時(小雨決行 荒天中止)
場所 栗山浄水場内(松戸市栗山198)
アクセス 北総線矢切駅から徒歩約5分またはJR市川駅TEL松戸駅ともに京成バス1番で栗山下車、徒歩約2分
駐車場 ※駐車場がないため公共交通機関を利用のこと
料金 無料(予約不要・受付で氏名、住所記載)
問い合わせ要項 ※塔内見学は先着順に整理券発行。 混雑時は見学不可の場合も有※水道施設は稼動中のため立ち入り禁止区域有。 浄水場の見学不可※ペット同伴不可、食事・飲酒・ごみなどの廃棄は禁止※詳細は千葉県水道局ホームページまたは1月1日発行 「県水だより」を確認のこと
問い合わせ電話番号 043(211)8365
問い合わせ名 千葉県水道局管理部総務企画課
問い合わせホームページアドレス https://www.pref.chiba.lg.jp/suidou/
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
ギャラリー翠

会員ログイン