>
>

アビリンピック千葉2019|千葉県|千葉市中央区|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2019/11/08掲載
事前
アビリンピック千葉2019
障害者の技能を競う
アビリンピック千葉2019
チイね!
2
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
障害のある人が日頃培った技能を互いに競い発揮する場がやって来る。それぞれの競技にエールを! みんなの応援が力になる。
通常
障害者の技能を競う「アビリンピック」
 11月30日、千葉職業能力開発短期大学校(ポリテクカレッジ千葉)で、千葉県障害者技能競技大会が開催される。愛称は「アビリンピック」。アビリティ(能力)とオリンピックを合わせたもので、原則毎年実施。独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構千葉支部と、千葉労働局、千葉県との共催で、2003(平成15)年から始まり、今年で17回目だ。今大会、過去最多の100人を超す参加者がエントリーしている。
 障害のある人が日頃培った技能を互いに競い、競技は8種目。ワードプロセッサ、ホームページ、パソコン操作( 視覚障害者部門)、パソコンデータ入力(知的障害者部門)から、喫茶サービス、ビルクリーニング、製品パッキング、オフィスアシスタントと多岐に及ぶ。障害のある15歳以上、千葉県内の事業所などに勤務、県内に居住、県内の教育機関や福祉施設などに在籍している人が対象だ。参加者は、学校や職場で日常的に使用している技術や、得意分野で勝負。制限時間内に与えられた課題に挑む。会場は、真剣に取り組んでいるからこその独特の緊迫感が漂うという。優秀者は金・銀・銅賞が贈られ、上位入賞者は、2020年11月に愛知県で行われる全国アビリンピックへ千葉県代表として出場することができる。
データ入力の速さや正確さを競うパソコ ンデータ入力
お客様の立場に立ったスムーズな接客サ ービスを競う喫茶
通常
障害者への理解を深めるきっかけに
 技能を競うことは職業能力の向上を図るとともに、企業や社会の理解を深めることにもつながる。雇用促進、障害がある人の社会参加や、モチベーションアップも期待される。この経験がその後の役に立ったという参加者の声も。
 千葉支部高齢・障害者業務課長の羽島さんは、「参加者は、この日のために練習を積み重ねています。ひたむきな努力に胸を打たれます」と話す。一般の人や企業の人も見学大歓迎。障害のある人の熱き戦いを応援して、輝く姿と、可能性を見届けよう。
イベント情報
開催年月日時曜日 11月30日(土)午前9時半~午後4時 (競技午前10時~午後2時頃まで)
場所 千葉職業能力開発短期大学校(ポリテクカレッジ千葉) 千葉市中央区問屋町2-25 ※公共交通機関を利用のこと
料金 見学無料 ※出店や展示もあり
問い合わせ電話番号 043(204)2901
問い合わせ名 (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構千葉支部高齢・障害者業務課
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
切手王

会員ログイン