>
>

「電話 de 詐欺」撃退法|千葉県|我孫子市|老後・福祉|老後|生活|防犯|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2015/10/30掲載
「電話 de 詐欺」撃退法
「合言葉は?」と確認を
「電話 de 詐欺」撃退法
チイね!
0
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
千葉県警では8月1日から「オレオレ詐欺」を「電話de詐欺」と呼ぶ。4万件近い応募の中から小中学生からの応募の呼称が採用された。我孫子警察署生活安全課巡査の武田彩氏は9月15日、市内で「だましの手口と撃退法」をテーマに講話。だまされる人とだまされない人との差は、警戒心があるかないかであるなど、さまざまな手口で忍び寄る詐欺犯への対応を説明した。
通常
我孫子で1億3千万円の被害
 昨年1年間で我孫子市では22件、総額1億3千万円の被害が出た。被害者のほとんどは女性の高齢者で、息子や孫を心配する母性本能につけ込む手口だという。「恥ずかしいから内緒にしてくれ」と誰にも言わないように訴えてくる。中には警察の相談窓口であるコールセンターを詐称して「千葉県警察です。振り込め詐欺グループの名簿に名前が載っていますので口座番号を確認します」と言われて番号を教えてしまったり、キャッシュカードを渡してしまったりした人もいた。
 警察官を名乗る詐欺も多い。警察手帳を見せるのだが、名前や顔写真、所属が記されている上段の証票を隠し、下段の警察記章だけを見せて信用させ、金を受け取るという手口だ。
 また、「カネを振り込むから最寄りのATMへ」という還付金詐欺が最近多いという。年金機構や市の保険課、年金課などの団体を名乗り「年金機構であなたの個人情報が漏れた。おわびのお金を支払う手続きをします」と偽ってATMへ行かせ、言われるままの数字を押してしまう。「225525」なら22万5525円を相手の口座に振り込んだことになる。
 詐欺犯は「名簿屋」から個人情報を入手するらしく「息子さんとは学校時代サッカー部で一緒でした」などと言って親を信用させる。
 我孫子市では昨年、金融機関の協力で計6000万円の詐取を防いだ。高齢者が高額の金を振り込んだり引き出したりする前に警察に通報、ストップさせた。
警察手帳を見せる武田巡査
通常
家族で合言葉を決め、確認を求める
 武田氏は「家族で合言葉を決めておくのも有効だ」として、息子や孫の趣味やアニメ主人公の名前などを決めておく。電話がかかってきたらこれを相手に確認すれば一発で電話は切れる。電話を留守電にしたり、「被害防止チェックシート」(我孫子警察署作成)を電話の横に貼り付けておいたりするのもよい。電話がかかってきたら、従うフリをして警察に通報するのが検挙の決め手になるという。
 武田氏は「♯9110が24時間対応の相談専用ダイヤルなので気軽に相談を」と呼び掛けている。
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
地域通販へようこそ

会員ログイン