>
>

第3回 臼井八景の祭典|千葉県|佐倉市|文化|歴史|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2019/10/25掲載
事前
第3回 臼井八景の祭典
故郷再発見!
第3回 臼井八景の祭典
チイね!
2
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
故郷の良さを学び、その成果を広く市民にPRしている、臼井八景・八ヵ寺めぐり実行委員会の主催で「第3回臼井八景の祭典」が開催される。

共催/臼井公民館 後援/佐倉市教育委員会
市内11の中学校にも寄贈された英語版『臼井八景』。表紙は臼
井出身のロックバンド、バンプ・オブ・チキンの聖地、宿内公園から
眺めた印旛沼の風景
市内11の中学校にも寄贈された英語版『臼井八景』。表紙は臼 井出身のロックバンド、バンプ・オブ・チキンの聖地、宿内公園から 眺めた印旛沼の風景
通常
紙芝居、能、詩吟で臼井八景に親しもう
 印旛沼の景勝地を漢詩で詠んだ「臼井八景」を広める活動をしている、臼井八景・八ヵ寺めぐり実行委員会の年1回の活動発表の場、「臼井八景の祭典」が11月2日(土)に開催される。昨年、子ども向けに制作した『いんばぬま・うすいはっけい』紙芝居の読み聞かせや、観世流橋岡会・九世橋岡久太郎作・能「臼井八景」の独吟、詩吟4場面の吟詠が行われる。
 会場となる臼井公民館では、11月1日(金)から1カ月間、資料室で臼井八景に関する展示を実施。「日頃目にすることのない中近世の臼井の絵図は必見です。この期間にぜひ資料室をのぞいて見てください」と公民館の内田理彦さん。
 また、過去2回の「祭典」の際に展示した島田雅照さん作・木版画「臼井八景」8作品がこのたび、佐倉市教育委員会に寄贈される。当日は贈呈式と本人による説明がある。
船戸大橋ができる1963年までは渡し船が利用されていた
通常
今年は英語版『臼井八景』を刊行
 同会では昨年、『臼井八景』『臼井八ヵ寺めぐり』を刊行。市内の幼稚園や保育所では、祭典にも登場する紙芝居の読み聞かせ、中学校では総合学習、公民館の佐倉学講座では会員が講師を務めるなど、ふるさとの素晴らしさを伝えている。
 今年9月には英語版『臼井八景』を刊行。市内在住の外国人や、来年のオリンピックの際に佐倉市を訪れた外国人に配布する予定だという。
 「やさしい英文と内田儀久さんの美しい印旛沼の写真、松田幸江さんの格調高い書、島田さんの版画で構成し、親しみやすいものにしました。当日会場に置いてありますのでご覧ください」と、同会の森代表は話した。
光勝寺
イベント情報
開催年月日時曜日 11月2日(土) 午後1時~午後3時
場所 臼井公民館2階集会室 (佐倉市王子台1‐16)
問い合わせ電話番号 043(461)4660
問い合わせ名
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
地域通販へようこそ

会員ログイン