菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

幕西ファイヤーズBチーム美浜区夏季大会優勝!|千葉県|千葉市美浜区|スポーツ|野球|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2017/07/21掲載
幕西ファイヤーズBチーム美浜区夏季大会優勝!
強豪を抑えて16年ぶり!
幕西ファイヤーズBチーム美浜区夏季大会優勝!
チイね!
0
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
6月11日、中高浜公園野球場(美浜区高浜)で開催された千葉市美浜区少年軟式野球連盟第23回夏季大会Bゾーン(小学5年生チーム)において、幕西ファイヤーズが16年ぶりとなる優勝を果たした。
夏季大会で優勝したBチームのメンバー
夏季大会で優勝したBチームのメンバー
通常
守備を固め、1試合ごと自信をつけ成長
 半数近くが市内上位の強豪チームという美浜区は、トーナメントを勝ち進むことが他の大会より難しいといわれる。幕西ファイヤーズは準決勝で高洲コンドルスに5対4で逆転サヨナラ勝ち。決勝戦では、昨年度1対20で大敗した打瀬ベイバスターズを相手に初回から4連打するなど勢いに乗り、見事優勝を果たした。
 春季大会の初戦敗退以来、送球を中心に猛練習し守備を固めて大会に臨んだ。キャッチャーでキャプテンの金川駿斗君(5年)は試合中、チームメイトの表情に敏感に対応した。「ピンチのときは、みんなの顔が下を向いてしまう。そういうときこそ声を出したり、タイムを取り励まし合って気持ちを切り変えた」と振り返る。「困難を乗り越える我慢強さも全試合を通して感じられた」とコーチの山崎修さんも子どもたちの成長を語る。「秋の大会も優勝したい」「ホームランを打ちたい」「もっと活躍したい」など、今や子どもたちの目標も力強い。渡辺伸成ヘッドコーチは「今大会の優勝で粘り強さと大きな自信を得た。それぞれの能力をもっと伸ばして秋の千葉市中央大会で優勝を目指したい」と期待を寄せる。
ファースト上月(こうづき)大河君(5年)
Bチームのエース 岩澤歩夢(あゆむ)君(5年)
ショート、ピッチャー 迫亮太君(5年)
通常
広いグラウンドで伸び伸びプレーできる
 幕西ファイヤーズは1984年に結成し、今年33年目になる。現在、小学1年生から6年生まで41人、監督とコーチが常に30人ほど土日TEL祝日の練習に参加している。学年で振り分けた3チームがそれぞれ試合できる大きなグラウンドも自慢の一つだ。
 監督やコーチには保護者も多く、子どもが小学校を卒業した後も長年、技術指導に携わる人もいるそうだ。子どもたちの健全育成を第一に、野球の楽しさや技術、礼儀など指導に力を注いでいる。

※ホームページは幕西ファイヤーズで検索
「ありがとうございました」練習後のグラウンドにも一礼を欠かさない
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
ギャラリー翠

会員ログイン