菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

八千代市ファミリー・サポート・センター|千葉県|八千代市|子ども|育児|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2016/01/15掲載
八千代市ファミリー・サポート・センター
みんなで育てよう、地域の子どもたち
八千代市ファミリー・サポート・センター
チイね!
0
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
子育ての手助けを求めている人と子育てを手助けしたい人とをつなげる市の事業「八千代市ファミリー・サポート・センター」を取材した。
通常
手伝ってほしい人、手伝いたい人をつなぐ
核家族化が進み、子育て中の母親は孤立しがち。
「八千代市ファミリー・サポート・センター」(以下、ファミサポ)は手助けが欲しい人、子育てを手伝いたい人、その両方を兼ねる人が会員となり、地域で助け合う八千代市の事業。
 生後57日目から小学4年生までの子どもが対象で、会員登録をすれば誰でも利用できる。保育施設の保育時間外、通院、リフレッシュしたいときの預かりなどの育児支援や、産後の母親の簡単な家事を手伝う産後支援がある。利用者からは、「この制度があって本当に助かった」と感謝する声が多く、子育て世代にはありがたい支援制度となっている。
「すてっぷ21勝田台」での活動の様子
通常
できるときに、できることをできる範囲で
ファミサポの利用で、人生の先輩である会員の援助に安心感を得られたり、子どもが親以外の大人と関われたりするという、他の利点も生まれる。
 現在、手伝う側の協力会員は108人、依頼する側の会員563人、両方会員は57人(昨年11月24日時点)。基礎研修会を1日受講すれば協力会員になれる。
 協力会員になると、常に時間を空けておかなければと身構える人もいるが、「活動は有償ボランティアなので、できるときに、できることをできる範囲でお願いしています」とファミサポのアドバイザー。 この活動で何年かにわたり定期的に預かった子どもと家族のような関係を築く人がいたり、子どもと関わり「元気をもらった」「優しい気持ちになれた」と、子どもたちとの時間を楽しむ声も聞かれる。「多くの人に、地域の育児支援に参加してほしいですね」とアドバイザーは話す。次回の基礎研修会は左記の通り。
双方、いい笑顔に
補足説明
基礎研修会
イベント情報
開催年月日時曜日 1月27日(水) 午前9時30分~午後2時30分
問い合わせ電話番号 047(487)8300
問い合わせ時間 八千代市ファミリー・サポート・センター(祝日・年末年始を除く 
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
ギャラリー翠

会員ログイン