>
>

「向かい干支」で開運招福|コラム|雑学|占い|開運|生活|雑学|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2013/12/27掲載
「向かい干支」で開運招福
もう一つの身近なお守り
「向かい干支」で開運招福
チイね!
0
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
通常
江戸時代から続く幸運を願う習わし
年末年始によく目にする十二支のグッズ。その年の置物を玄関や床の間に飾ったり、自分の生まれ年の小物を身に着けたりと、干支は私たちの暮らしの近くにあります。グッズが手に入りやすいこの時期、もう一つ注目したいのが「向かい干支」です。
向かい干支とは十二支を円形に並べたとき、自分の干支の真向かいに位置する干支を指します。例えば午の向かいは子。自分の干支とは正反対の性質を持っており、自分にはない力を授けてくれるため「守り干支」とも言われています。そのため江戸時代から、向かい干支を大切にすると幸福が訪れると言い伝えられているのです。
通常
文豪も愛したラッキーアイテム
『高野聖』などで有名な小説家の泉鏡花は、自身の向かい干支であるうさぎグッズのコレクターでした。鏡花は10歳のころ、母親から「これを持っていればお守りになり、出世しますよ」と水晶でできたうさぎの置物をプレゼントされたのです。これがきっかけとなったのでしょう。
また、人間同士の相性も同じ。向かい干支の人は正反対の気質のため、互いに足りないものを補い、支え合うことができるので相性が良く、強い縁で結ばれるのだそう。
毎年何気なく飾っていた干支グッズの見方が変わりそうですね。あなたの向かい干支は何ですか?
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事

会員ログイン