菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>
ちいき新聞
>

防災ママカフェ in かまがや|千葉県|鎌ケ谷市|イベント|講座|防災|防災訓練|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2018/09/14掲載
事前
防災ママカフェ in かまがや
子どもの命を守れるママになろう
防災ママカフェ in かまがや
チイね!
2
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
相次ぐ自然災害に、災害が他人事ではないと感じる人が増えている。不安に思ったら実例に学んでみよう。鎌ケ谷市で、被災体験者のリアルな声を聴ける講座が開かれる。
以前に開催した防災ママカフェの様子
ママ向けの防災ブック
(参加者に配布予定)
以前に開催した防災ママカフェの様子
ママ向けの防災ブック (参加者に配布予定)
通常
子ども同伴で参加できる防災講座を開催
 鎌ケ谷市社会福祉協議会は、いざというときに災害ボランティアセンターの運営や復旧活動を効率よく行える災害ボランティアの必要性から、「災害ボランティア養成講座」を毎年開催している。
 9年前には、受講者の中から「鎌ケ谷災害救援ボランティアネットワーク」が結成され、現在32人の会員が災害時の救援活動訓練や防災啓発の活動をしているという。
 今年の養成講座は、子どもを抱えて災害に遭ったときが心配というママたちの声に応えて、いつもの防災講座とは一味違った「防災ママカフェ」を開催する。一番弱い乳幼児を抱えながらも、学校や会社にあるような防災訓練がないママたちにとって、防災を考える好機!
 子ども連れでの参加もOK。同協議会登録のボランティア団体・鎌ケ谷市おもちゃの図書館「あ・そ・ぼ」が保育スペースを開設、さらに、「かまたん」も保育ボランティアにやって来る。
かもんまゆさん
かまたん
通常
防災ママカフェで被災者の現実から学ぶ
 講師は、一般社団法人スマートサバイバープロジェクトの特別講師かもんまゆさん。かもんさんは東日本大震災の際、被災地のママと子どもたちへの物資支援活動を通じ、報道されない、文字では分からないリアルな声を聴き、「次の災害が来る前に全国のママに伝えてほしい」と言われ、この活動を始めたという。
 ママ向けの防災ブックを作成したり、熊本地震では離乳食の炊き出しを支援するなど活躍してきた。各地で開催している防災ママカフェには、すでに全国で1万2千人を超える人が参加し、「私がやらなきゃと思えたのは初めて!」と高い支持が集まっている。
 何をどう備えたらよいのか、参加して知ることがまずは大事な一歩になる。
イベント情報
開催年月日時曜日 防災ママカフェ in かまがや 10月23日(火)午前10時~正午
場所 総合福祉保健センター6階大会議室(鎌ケ谷市役所併設)
QRコード
定員 対象:ママ・パパ・ご家族・関心のある方
料金 無料
問い合わせ要項 社会福祉協議会ボランティアセンターまたは二次元コードから要予約(10月16日締め切り・先着順)
問い合わせ電話番号 047(442)2940
問い合わせ名 社会福祉協議会ボランティアセンター
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
切手王

会員ログイン