>
>

都会に残された小さな森 椿森コムナ|千葉県|千葉市中央区|イベント|教室|子ども|教室|遊び|趣味|ワークショップ|自然・旅|森|生活|コミュニティ|地域情報|チイコミ

お店をさがす

RGN3-0.gif
エリア・駅
キーワード

オススメ店舗

2016/06/03掲載
都会に残された小さな森 椿森コムナ
自然と触れ合う心地よいひとときを
都会に残された小さな森 椿森コムナ
チイね!
1
吹き出し
コメントする
0
吹き出し
 新緑が気持ちのいい季節。緑の中でそよ風に当たりながらゆったりと過ごしたい、そんな願いをかなえてくれる場所が「椿森コムナ」。子どもは自然の中で遊び、大人はほっとひと息…都会の癒やしスポットに出掛けよう。
2棟のツリーハウスが目印
魅力的なイベントもたくさん
2棟のツリーハウスが目印
魅力的なイベントもたくさん
通常
ツリーハウスが目印の新スポット
 千葉公園と向かい合い、見守るようにそびえるカシとイチョウの大木。ここはもともと、分譲地として検討された場所だった。
 「この立派な木々を切ることができなかったんです。いっそのこと、この木をシンボルに地域の人々が集まるコミュニティスペースにしてみては、ということで椿森コムナは誕生したんです」と語るのは、プロデュースを担当する株式会社拓匠開発の担当者。
 残された大木には、千葉ではなかなか見られないツリーハウスが設置されている。安全、かつ木を傷めないことに重きを置き、木工職人が丁寧に作り上げた2棟のツリーハウスは、登ることも中に入ることもできる。そこからは、目の高さに時折モノレールが走るという、この場所ならではの貴重な景色が味わえる。気分はまるで現代版トム・ソーヤーだ。
通常
終日優しい時間が流れる場所として
 オープンから半年。お年寄り、子連れのお母さん、そして週末には家族連れなどでにぎわう。ここにはキッチンカーや可動式小屋なども並び、美容・健康に良いものを提供するカフェスペースや、ヨガ・お菓子作りなどを体験できるイベントスペース、ロミロミやタイ古式マッサージなどの癒やしのスペースも。
 5月下旬には敷地内に「ビオトープ」がオープン。100%千葉県生まれの水辺の生き物が集められ、至近距離で楽しむことができる。
 「常に新しいものを目指して、訪れる方にちょっとした驚きや感動を与えられる場所にしていきたいですね」。
 子どもが吹いたシャボン玉に、ドリンクを片手に会話する大人が無意識に手を伸ばす、そんなひとコマが印象的だった。木々に寄り添うように囲われたこの場所には、自然と人が、そして大人と子どもが同じ目線で交われる優しい時間が流れる。
通常
椿森コムナ
住所:千葉市中央区椿森1-21-23(千葉モノレール「千葉公園駅」より徒歩3分、JR「千葉駅」より徒歩9分)
営業時間:午前7時~午後9時(不定休)

問合せ
info@tsubakimorikomuna.com
http://tsubakimorikomuna.com/
コメントする
コメントするときのマナー
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
地域新聞掲載に関して
投稿・コメントを地域新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。地域新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル
コメント
同じエリアの記事
同じジャンルの記事
地域通販へようこそ

会員ログイン