ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

【2021年度】中学校の学習指導要領[数学] | 家庭教師のリーズ | 本納駅 | 茂原駅 | 千葉県 | 家庭教師

トピックス

【2021年度】中学校の学習指導要領[数学]

お知らせ
2020/12/03
【2021年度】中学校の学習指導要領[数学]

新学習指導要領は、小学校では2020年度、中学校では2021年度から全面的に実施されます。
学習指導要領が改訂される背景には、情報化、グローバル化の進展や人工知能(AI)の飛躍などの急激な社会の変化があります。
そのような社会の変化に対応し、生き抜くために必要な資質・能力の育成を目指しながら「社会に開かれた教育課程」を実現をするため、学習指導要領は改訂されました。

今回は中学校の数学について改訂のポイントをまとめます。

【中学校の学習指導要領「数学」】

●「数学科」改訂の目標・内容(考え方)
「数学科」では、次のことを目標にしています。
数学的な見方・考え方を働かせ、数学的活動を通して、数学的に考える資質・能力を育成すること
そして国語と同様に、目標を達成するために必要な資質・能力を《知識・技能》《思考力、判断力、表現力》《学びに向かう力、人間力》の三つの柱で構成しています。
内容は「知識及び技能」「思考力、判断力、表現力等」の二つ項目になりました。
具体的には小学校の領域が再編され、小学校の「数と計算」が中学校の「数と式」に、「変化と関係」が「関数」に、「図形」、「データの活用」とそれぞれ対応した形になり、小学校と中学校間の学習段階が関連強化されました。

●新しい学習指導要領のポイント
「数と式」の分野において小学5年生で学んでいた素数を1年生で学び、また3年生で学んでいた「自然数を素数の積として表すこと」が1年生で学ぶことになります。
「図形」の分野においては2年生の「用語」に「反例」が追加されます。
「データの活用」の分野では1年生で「累積度数」、2年生で「四分位範囲」「箱ひげ図」が追加されます。
「不確定な事象の起こりやすさ」(統計的な確率)が2年生から1年生で学ぶことに。1年生で学んでいた「誤差」「近似値」などは3年生で学ぶことになります。
■ 千葉県・家庭教師のリーズは新規生徒様を募集中!
━━━━━━━━━
不登校・勉強が苦手なお子様でもご安心ください!家庭教師歴10年以上のプロの家庭教師がお子様の学力や性格に合わせて指導します。茂原市・大網白里市・千葉市緑区・一宮・東金・香取・船橋・八千代など、多くのお子様にご利用いただいております。本物の学力を身に付けたいお子様!志望校合格を目指すお子様!一緒に頑張りましょう!!
【お問い合わせ・お申込み】
・070-5553-7093(12:00~18:00/日・祝日を除く)
お問い合わせフォーム
mail@katekyo-res.com

「家庭教師のリーズ」Topへ戻る

ピックアップ

>> トピックス一覧へ

お店の情報をシェア

LINEで送る メールで送る Twitterでシェアする Facebookでシェアする
住所 /
交通手段
〒 299-4101 千葉県茂原市清水2277-71
千葉県全域の家庭教師を承ります。
事務所内での授業も可能です。
*ご状況により千葉県外も承ります! 本納駅JR 外房線
茂原駅JR 外房線
営業時間 ・電話受付
10:00~22:00
定休日 日曜日