11月21日(水)1:00~6:00、メンテナンスの為、最大で2分間×6回、チイコミの停止が発生いたします。ご了承いただけますようよろしくお願いいたします。
2018/06/15掲載
都市近郊ならではの恵み やしお八つの野菜
八潮の野菜を応援します!
都市近郊ならではの恵み やしお八つの野菜
ジャンル 野菜
自然・旅 野菜
エリア 埼玉県 八潮市
キーワード ナス ねぎ 枝豆 やしお八つの野菜 枝豆まつり こまつな ほうれんそう トマト 山東菜 天王寺かぶ 天かぶ
発展し続ける町、八潮は実は農業も盛ん。中でも特産・名産を「八潮」にちなんで選定した「やしお八つの野菜」には、いまが旬の夏野菜がいっぱい。質の良い野菜が採れたての内に手に入るのは、都市近郊だからこそ。直売所や農業イベントには、新しく八潮に暮らし始めた若い家族の姿も増えてきています。
採れたての夏野菜を手にする、八潮の生産農家の皆さん
採れたての夏野菜を手にする、八潮の生産農家の皆さん
通常
東京に隣接しているからこそ鮮度が自慢
 「やしお八つの野菜」とは、こまつな、枝豆、ねぎ、ほうれんそう、トマト、ナス、山東菜、天王寺かぶ(天かぶ)のこと。生産量と特産品紹介を兼ねて、平成20年に定められました。
 いわゆる軟弱野菜といわれる、こまつなやほうれんそう、そして「何よりも鮮度が命」の枝豆の生産が盛んなのは、大消費地・東京に接しているから。新鮮なうちに東京市場に出荷できるのが強みです。この時季、直売所には枝付きの枝豆が並びますが、「枝付きは収穫したての証。葉っぱがすぐしおれるから、分かるんです」と話すのは、八潮市ふれあい農産物直売所連絡協議会の星野仁会長。
 冬には、「漬菜」と呼ばれる山東菜が登場。栽培が難しく、生産農家の高齢化もあって栽培面積は減少傾向にありますが、漬物のおいしさは「新米に漬菜の新香があれば何もいらない」といわれます。
通常
7月7日(土)は直売所で枝豆まつり
 JAさいかつ八潮市ふれあい農産物直売所「ハッピーこまちゃん」では、7月7日(土)午前9時から「枝豆まつり」を開催。この時季は路地栽培とハウス栽培の切り替えのタイミングに当たり、品種も数量も豊富にそろいます。試食会や屋台も並び、都内からも大勢が来場する、毎年人気のイベントです。
 その他、「枝豆大感謝祭」や「はぴベジ博」、7月末に開催の「八潮夜市」などのイベントにも、八潮産の夏野菜とその関連グルメが続々登場。直売所店長の三宅秀彦さんは「イベントやマルシェで八潮の野菜のおいしさを知って、直売所に足を運ぶようになったという若い家族や外国の方も増えています。鮮度自慢の八潮の野菜たちが皆さんを待っています」と話してくれました。
通常
住所/八潮市鶴ヶ曽根1428-1
営業時間/午前9時~午後6時
定休/毎週日・水曜日
問い合わせ/TEL048(996)0003
八潮市ふれあい農産物直売所「ハッピーこまちゃん」
オススメ検索
コメント
コメント投稿
関係のない内容や、相手や内容をむやみに批判する、乱暴な言葉づかいで傷つける、といったことがないよう、エチケットを守って楽しくお使いください。
投稿・コメントをちいき新聞およびチイコミのFacebookページに掲載させていただく場合があります。ちいき新聞に掲載された場合、投稿・コメントをした方に300ポイントが付与されます(掲載にあたり事前承認はいただきませんので、あらかじめご了承ください)。
画像(任意)
※5MB以下のJPEG(推奨)、GIF、PNG画像をアップロードできます。
タイトル(必須)
コメント(必須)
同じエリアの記事
同じジャンルの記事

ちいきのお店

ちいき新聞の外壁塗装
ポスメイト募集
ちば市政だより PC
ちば市民便利帳
ちいきラボsmp
スペシャルインタビュー
LINEスタンプsmp
ちいき通販
このページのトップへ
チイコミ 投稿 お店をさがす 現在地から ログイン 新規登録