菜々の湯

ちいきのこえが、みえるサイト チイコミ ホーム
>

ジャングルポケット斉藤慎二|インタビュー|チイコミ

斉藤慎二 タイトル

ドラマチックな展開と派手な演技のコントが人気のお笑いトリオ「ジャングルポケット」。メンバーの斉藤慎二さんにその原点を伺いました。

斉藤慎二 Profile
1982年千葉県出身。吉本興業の養成所「NSC」で太田博久さん、おたけさんと出会い、トリオを結成。バラエティー番組、ライブなどで活躍中。レギュラー番組に「ウイニング競馬」「一夜づけ」(いずれもテレビ東京)がある。


丸 つらいとき、千葉の自然に癒やされた
 千葉県八千代市で生まれ育ち、20年ほど暮らしました。当時の地域新聞はよく読んでいましたよ。
ただ、小中学校時代はいじめられていて、随分つらい思いをしたんです。仲間はずれにされたり、悪質な嫌がらせを受けたりして、死にたいと思ったことも。そんなとき「市民の森」で鳥の声を聞いていると、すごく気持ちが癒やされました。千葉のそんな自然の多いところが大好きです。
八千代松陰高校に入学すると、一転して面白いヤツと認識されるようになりました。友達も大勢できて、体育館の舞台で嵐の曲のダンスを踊ったり、毎日楽しかったなぁ。
だから、もし今いじめられている子がいたら伝えたい。必ず時が解決してくれる。誰も助けてくれなかったとしても、強くなって耐えよう。僕の母は教師だったので、教師の息子がいじめられていると知ったらショックだろうと思うと言えなかった。それでも、あのとき死ななかったから、今は好きな仕事ができて、結婚もして、幸せに生きています。絶対に死を選んじゃダメだということを忘れないでほしいですね。



斉藤慎二 八千代ではユアエルムによく行きました。店員さんや町の人の温かさは今も懐かしい

斉藤慎二 昨年末に結婚しました。家事はすべて妻任せ。料理も上手で感謝しています。



丸 上司の言葉でお笑いの世界へ
 高校卒業後は役者を目指して演劇の学校へ進み、文学座に入りました。でも挫折して、船橋の教育系の会社で営業をしていたんです。
ある日、50代の女性の上司に呼ばれてこう言われまして。「斉藤君、あなた面白いんだから、芸人になったら?芸人になって成功してから役者に転向すればいいじゃない」。その言葉を聞いたとき、視界が開けた気がしたんですよ。早速吉本興業の養成所に申し込み、同時に退職届も会社に提出。僕はそれまでお笑いに興味があったわけでもないのに、すっかりもう自分には芸人しかない!と思い込んでいました。役者を目指していた当時はいつかドラマや映画に出るんだという意気込みを持っていましたが、芸人に関しては何の勝算もなく飛び込んだ感じです。
養成所で今のメンバーの太田とおたけに出会い、トリオを結成しました。太田の体の動きとツッコミのうまさ、おたけのよく通る声に引かれて、僕から声を掛けたんです。おたけはわがままで遅刻も多い問題児。何度かおたけを抜いて太田と僕でコンビになろうと話をしたんですが、その途端新しい仕事が決まるんですよ。おたけとは不思議な縁があるんでしょう。なんだかんだで11年一緒にやってきたから、3人でこそのジャングルポケットですね。
3月24日に公開される、竹中直人さん主演の映画「レオン」に出演させていただきました。芝居の仕事はとてもうれしく、今後も増えていけばいいなと思いますが、軸はあくまでも芸人。笑いで人の心を動かし、元気づけられることに喜びを感じています。オーバーな演技の熱いコントが僕たちの持ち味なので、すべってもダメ出しされてもずっと続けていきたいです。


斉藤慎二

Interviewトップへ戻る

平野レミ 安藤哲也 コウケンテツ ルー大柴 IKKO 谷原章介 佐伯チズ コジマジック いっこく堂 ジャガー
切手王

会員ログイン