ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

今、移住者が増えている!? 住まいを変える暮らし方

2014年に地方創生の取り組みの1つとして「まち・ひと・しごと創生法」が施行され、これを機に「移住」への関心が急増。

そしてコロナ禍の今、再び注目される移住という選択肢。

そんな暮らしの変化について、NPO法人ふるさと回帰支援センターの理事長・高橋公さんにお話を聞きました。

高橋

高橋公さん
41道府県2市の相談ブースを設け、地方暮らしやIJUターン希望者をサポートする移住相談センター「NPO法人ふるさと回帰支援センター」の理事長
住所/東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階
TEL03-6273-4401

移住者数は全国的に2、3割増加

ふるさと回帰支援センターへの移住相談件数は年々増えています【図1参照】。

訪問者数
【図1】データ出典/NPO法人ふるさと回帰支援センター

特に、政府による地方創生施策「まち・ひと・しごと創生本部」の取り組みが始まった2014年を境に、その件数は急増。

実際に移住する人も、多いエリアでは倍増、全国的に見てもコロナ禍の中、2、3割は増加しています。

また、移住への意欲にも変化が出てきており、電話やメール、面談で相談される人の割合が今年に入ってグッと増え、より具体的に話を聞きたい、という移住に対して本気度の高い人が多くなっている印象です。

その背景の一つには、やはり新型コロナウイルスの影響が挙げられるでしょう。

今まで1、2年かけて検討していた人が、新型コロナウイルスをきっかけに移住に踏み切るケースも見られます。

若い年代の相談者も増えていますね。

2008年は50~70代が全体の7割を占めていましたが、2015年以降は20~40代が7割に【図2参照】。

利用者年代【図2】データ出典/NPO法人ふるさと回帰支援センター

最近の傾向としてはファミリー層もじわじわと増えています。

移住者への受け皿と都心への近さが人気

移住希望地として安定した人気を誇るのが長野県と静岡県。

人気上昇中の注目エリアは広島県です。

179もの市町村がある北海道はこれからもっと人気が高まってくると思います。

選ばれる理由はさまざまありますが、やはり移住者に対する受け皿が整っている地域は伸びていきますね。

それから、最近では茨城県など東京に近いエリアの人気が出始めています【図3参照】。

ランキング
【図3】データ出典/NPO法人ふるさと回帰支援センター

千葉県も人気なのですが、移住者へのサポート体制が県全体として整っていないため、実際に移住するとなると少し難しい印象です。

南房総市や館山市など、積極的に取り組んでいるエリアもあるので、これを県全体で注力すれば、移住者数はもっと伸びていくと思います。

移住者への支援制度は自治体地域ごとにさまざまありますので必ず確認しましょう。

それから、「誰と、どこで、何をして暮らすか」、ということをしっかりシミュレーションすることが移住を成功させるためにはとても大切です。

コロナ禍で見直される地方の魅力

新型コロナウイルスにより、仕事や生活スタイルが変わり始めたことで、以前よりも移住は身近なものに。

それによって、地方で暮らすことの良さが改めて見直され始めています。

21世紀は、分散型、分権型の社会を構築していき、地域から日本を見直していくようになるのではないでしょうか。

また、ウィズ(With)コロナの中で人々の価値観は変わっていき、もっとスローな暮らしが定着し、豊かさを実感できる、そんな暮らしに変わっていくと思います。

ふるさと回帰支援センターの相談員さんに聞きました!
千葉・埼玉・茨城の移住事情

千葉県

最近では、南房総市、多古町、香取市、旭市が移住者誘致に積極的です。

南房総市はトライアルステイに加え、二拠点生活やリモートワーカー向けに3か月、民泊の個室を自由に利用できるサービスを提供しています。

多古町では住民が地域コーディネーターとなり町を盛り上げ、旭市ではシニア層がセカンドライフを送れるよう、移住者専用の住宅を建てたり、仕事面のサポートも行っています。

 

埼玉県

県内6カ所(行田市、秩父市、小川町、鳩山町、長瀞町、小鹿野町)に移住相談窓口を設けている他、宮代町では町を熟知した役場職員が地域を案内する「みやしろ初めてツアー」を実施するなど受け入れ態勢を強化しています。

 

茨城県

都心から近い守谷市やつくば市は利便性の高さから人気が高く、自然と移り住む人が増えており、人口は増加しています。

お試し住宅を構えるなど移住者への支援体制を整え積極的に取り組んでいるのは、笠間市や常陸太田市です。

この記事を書いた人

編集部のやまぐち

編集者&ライター。最近は動画編集にも手をだしています。怖がりだけどホラー映画とホラー系のゲーム実況見るのが好きです。ゾンビはダッシュしない派。

編集部のやまぐちの記事一覧へ