ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

【11月おすすめの本】灯台、海の道しるべ。子どもから大人まで楽しめる図書

11月1日は観音埼灯台(日本初の洋式灯台)の起工日である明治元年11月1日にちなんだ灯台記念日です。

灯台のように明かりで行く手を照らす存在でありたいものです。

取材協力/佐倉市立志津図書館

『とうだい』斉藤倫/文 小池アミイゴ/絵 福音館書店

晴れの日も、嵐の日も、いつも同じ場所にいて光を送りみんなを励ましてくれる灯台。

優しい色彩の絵本です。

『とうだい』 斉藤倫/文 小池アミイゴ/絵  福音館書店

『とうだい』

斉藤倫/文 小池アミイゴ/絵 福音館書店

みさきに新しくたったとうだいは、見るもの聞くものはじめてのことばかり。

わたり鳥と話した時、自分はどこにも行けないことに気がつきます。

でも、冬の夜、おそろしいあらしがやってきた時は…。

『おーい、こちら灯台』ソフィー・ブラッコール/作 山口文生/訳 評論社

灯台の形に合わせた縦長絵本。

内部の作りや灯台守の仕事がよく分かりますが、あとがきも素晴らしいので必ず最後まで読んでください。

おーい、こちら灯台 ソフィー・ブラッコール/作  山口文生/訳 評論社

『おーい、こちら灯台』

ソフィー・ブラッコール/作 山口文生/訳 評論社

まだ人の手で灯台の光が管理されていた時代のお話です。

小さな島の灯台に新しい灯台守がやってきました。

灯台守はレンズを磨き、油をつぎ足し、ランプの芯を切りそろえ…。

船の安全を守ります。

『ライツ・オン! 明治灯台プロジェクト』土橋章宏/著 筑摩書房

あわせて『ニッポン灯台紀行』(岡克己/著 世界文化社刊)もおすすめです。

この2冊を読めばあなたも灯台が好きになるかも?

ライツ・オン! 明治灯台プロジェクト 土橋章宏/著 筑摩書房

『ライツ・オン! 明治灯台プロジェクト』

土橋章宏/著 筑摩書房

明治初め、日本に灯台を造るために来日した技師リチャード。

だが、文化の違い、頑固な役人、イギリスにはない大きな地震など、さまざまな困難が立ちふさがる。

果たして灯台は出来上がるのか?

関連するキーワード

この記事を書いた人

編集部

千葉・埼玉県在住の編集メンバーが、地域に密着して取材・執筆・編集しています。明日が楽しくなる“千葉・埼玉情報”をお届けします!!

編集部の記事一覧へ

あわせて読みたい