ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

【ママのホンネトーク】オンライン座談会・みんなの素語録「どうしてる? 子どもの習い事」

時代とともに変わる人気の習い事。何を習わせるか? 辞めたいと言ったら? などなど、多くのママが悩む話から気になるお金の話まで! オンライン座談会でラボママさん(※)に聞きました。

※ちいき新聞読者コミュニティー「ちいきラボ」に登録しているママたち

ラボママの池永良恵さんの紹介
▲ラボママ・良恵さん 千葉県習志野市在住。長女(8):なし(過去にピアノ3年、水泳、通信教育、アイススケート)。長男(6):ピアノ3年(過去にアイススケート)。次女(3):なし

 

ラボママの船内絵里香さんの紹介
▲ラボママ・絵里香さん 千葉県千葉市在住。長女(12):料理(過去にダンス2年)。次女(10):声楽、タップダンス、ジャズダンス(過去にミュージカル劇団)。三女(7):声楽、タップダンス、通信教育。四女(4):なし

 

ラボママの江原美貴さんの紹介
▲ラボママ・美貴さん 千葉県柏市在住。長女(8):ピアノ、ハンドベル、通信教育(過去に水泳、習字)。次女(6):ピアノ、ハンドベル、通信教育。三女(3):なし

それぞれの習い事事情とは?

良恵さんアイコン良恵さん:うちは転勤が多いから、そのたびに教室を探すのも大変だし、送り迎えにも体力を使うし、今は長男のピアノだけ。
二人のお子さんは習い事、何してる?

 

絵里香さんのアイコン絵里香さん:次女が一番多くて、声楽、タップダンス、ジャズダンス、バレエの4つ。
三女も同じ教室に通い始めて声楽、タップダンス。
あとはタブレット通信教育も。
長女は最近、料理を習い始めたよ。

 

美貴さんのアイコン美貴さん:長女と次女が同じ教室でピアノとハンドベルを習ってて、長女はもう6年くらいになるかな。
長女と次女は通信教育も。

 

良恵さんアイコン良恵さん:たくさん習っていてすごい!
私は3人分通うのはお金も大変だなと思って、参考書を買ったり、なるべく家庭教育でなんとかしようかなと(笑)。

 

絵里香さんのアイコン絵里香さん:予算とかは決めてなくて、子どもたちがやりたいと言ったものはなるべくやらせてあげたいなと思ってる。
でも、次女は興味のあるものが多いみたいで。
今通っているものの他にも、いくつか行ってみたいと言ってる習い事があるけど、さすがに時間的にも無理。
今やっているものは全部、発表会に衣装が必要で、それにもお金がかかるし…。

 

美貴さんのアイコン美貴さん:わが家は、年度ごとに夫と生活費の月額を設定して、その金額内で習い事にかける予算をだいたい決めてるかな。
その上で、子どもが本当にやりたいものを選んでやるという感じ。
それで最近、習字をやめて。
コロナの影響で、家で練習して課題を提出するリモート教室になって、家で練習するのは嫌だったみたい。
学校の宿題もあるし、通信教育であれば自分のペースでできるけど、習い事にまで宿題があると疲れちゃうよね。

習い事で大切なのは相性とやる気?

良恵さんアイコン良恵さん:教室と子どもの相性も大事だと思う。
本当は長女もずっとピアノを習ってたから続けたかったけど、今住んでいる地域では、娘と相性が合う教室が見つからなくて。
私もピアノを昔やっていたから、今は家で私と一緒に練習してるの。
それも長女はあまり乗り気じゃないけどね(笑)。
でも指を動かすことは脳にいいのかなと思って続けてる。

 

美貴さんのアイコン美貴さん:私も、ピアノは習わせたくて始めたよ。
幼稚園の頃は練習しなさいってよく言ってた。
このレッスンに丸がもらえたらおやつ買ってあげるよ、とか。
だけど小学生になって自分で譜面が読めるようになったら楽しくなったのか、一人で練習するように。

 

絵里香さんのアイコン絵里香さん:わが家も夫が、「練習しないなら続けさせないよ」と言ってる。
前は長女もダンスを習ってたけど、友達に会うのがメインになってきちゃったから辞めることに。次女は、ミュージカルに出たり歌手になりたいという夢があるから頑張ってるみたい。

 

良恵さんアイコン良恵さん:本人のやる気も必要だよね。
うちも通信教育をやっていた時期があったけど、結局やらずにどんどんためちゃったから退会した
の。
娘は続けたいって言っていたけど、ためた分きちんとやったら再開しようって言っているのに、全然やらない(笑)。

 

美貴さんのアイコン美貴さん:長女は反対に辞めたいって言いだしたことがあったけど、勉強はある程度できないと将来困るよって話し合って、今も続けてる。
勉強も習い事も、将来への土台だと思っていて。
将来やりたい事が見つかったときに大きく飛躍できるように、今は習い事を頑張ってほしいな。

 

絵里香さんのアイコン絵里香さん:私は、次女が夢に向かってオーディションとかも受けたりしてるから、かなったらうれしいな〜。

 

良恵さんアイコン良恵さん:私は子どもたちには、ここぞというときに全力を発揮できるようになってほしい。
私自身、ピアノで発表会とかを通してその大切さを感じて、人生に通じる力だと思うから。

この記事を書いた人

編集部 閑(ひ ま)

編集部所属 編集&記者。佐倉市在住。閑と書いてひまです。休日は引きこもりの完全インドア派ですがロッキンは毎年全通します。運動は歩くのが限界です。★Twitter★@chiiki_hima

編集部 閑(ひ ま)の記事一覧へ

あわせて読みたい