ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

【千葉県の新しいお米】おいしさ、粒ぞろい 「粒すけ」誕生!

この秋、千葉の米の新品種「粒すけ」がデビューしました。

大粒で、どんな料理にも合う食感が特徴。

「ふさおとめ」「ふさこがね」に続く、千葉県のオリジナル品種です。

千葉県の新種米の粒すけ

開発に13年。大粒で程よい粘りと弾力

千葉県の新しいお米粒すけ

「粒すけ」は、千葉県が13年かけて開発した米の新品種。

大粒で、炊き上がりは白く光沢があり、程よい粘りと弾力ある食感が特徴です。

しっかりおいしいのにでしゃばらないので、和食、洋食、中華など、どんな料理にも合うといいます。

千葉県の主食用米の新品種は、2006年の「ふさこがね」以来。

「コシヒカリ」を母、「ふさおとめ」の子である「佐系1181」を父として人工交配しました。

その結果生まれた4000種類の候補から選ばれたのが「粒すけ」です。

高齢化、人手不足を助ける新品種

千葉県は東日本一の早場米(早い時期に収穫できる米)の産地。

例年8月中旬から9月中旬ごろまでが収穫時期です。

初めに収穫を迎えるのが「ふさおとめ」、次が「ふさこがね」、最後が「コシヒカリ」と「粒すけ」。

生産者は収穫時期が異なる米を複数品種栽培することにより、作業を分散することができます。

分散すれば、より少ない人手での生産が可能となります。

「粒すけ」は、長雨や強風で倒れやすい「コシヒカリ」に代わる、オリジナル品種を求める声から開発が始まりました。

茎が短く、長雨や強風で倒れにくいことから作業が楽になり、収穫量が増えることが期待されています。

高齢化や大規模化が進む農家にとっては待望の新品種です。

(左)倒れてしまったコシヒカリ、(右)粒すけは茎が短く倒れにくい
▲(左)倒れてしまったコシヒカリ、(右)粒すけは茎が短く倒れにくい

チーバくんが目印。スーパー、直売所で

千葉県の新しい米の粒すけ

チーバくんを使った「粒すけ」の広告を目にした人は多いはず。

「粒すけ」は、スーパーや直売所ほかで販売中です。

今年の販売量はまだ多くありませんが、今後は千葉県内でのシェアの拡大が期待されています。

特設ホームページでは、どんな料理にも合う「粒すけ」の特徴をいかしたレシピを公開しています。

適度な粘りと存在感ある歯応えで、開発担当者も食味に自信。

ぜひ味わってみてはいかがでしょう。(取材・執筆/倫)

Gop風ナシゴレン 自家製サンバル添え1,200円(税別)※なくなり次第提供終了
▲Gop風ナシゴレン 自家製サンバル添え1,200円(税別)※なくなり次第提供終了

無添加 The rice ~ザ・ライス~850円(税別) ※なくなり次第提供終了
▲無添加 The rice ~ザ・ライス~850円(税別) ※なくなり次第提供終了

問い合わせ

■販売について/ 043ー223ー3085
千葉県農林水産部流通販売課

■開発について/ 0478ー56ー0002
千葉県農林総合研究センター水田利用研究室

特設HP/ https://www.tsubusuke.jp/

この記事を書いた人

ちいき新聞 レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞 レポーターの記事一覧へ

あわせて読みたい