ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

【埼玉県】越谷市東柳田町の「そばうどん朝日屋」。昭和50年代ごろの懐かしい風景、 覚えていますか

埼玉県越谷市東柳田町4-13「そばうどん朝日屋」2代目店主の岡田博義さん(58)が、懐かしい写真を見せてくれました。

ネガをデジタルスキャンしたことで「発掘」された何げない一コマ。

懐かしい? それとも新鮮?

開かずの踏切として有名だった昭和の頃

昔の手巻きのフィルムカメラは、新しいフィルムをセットすると最初の数枚分を「無駄撮り」してから使い始めていました。

岡田さんは、ネガから写真をデジタル化できるフィルムスキャナーを購入し、取り込んでみたところ、当時は現像しなかった無駄撮り写真に、店の前を走る東武伊勢崎線の踏切の風景がいくつも収められていました。

東武伊勢崎線には貨物列車(上)や荷物電車(下)も走っていた

「無駄撮りだから、店の前の踏切だとか何てことのない景色が写っていて、かえって趣があるね。東京の八丁堀で修業していた父が独立して、この場所に前身の朝日屋食堂を開いたのが1965(昭和40)年で、当時私は3歳。これらの写真は昭和50年代の写真かな」と岡田さん。

現パレス会館に見える「50周年大創業祭」の垂れ幕は当時の丸石家具のもの

この区間の東武伊勢崎線の高架化は93〜94(平成5〜6)年のこと。

「越谷駅が近いから電車のスピードが遅いし、朝夕のラッシュ時なんて『開かずの踏切』として有名だったんだよ。週末はヨーカドー(現ALCo越谷)に出入りする車も増えるから大渋滞。うちも当時は出前が多かったから、大変だった。でも店の前で渋滞することでお客さんを呼ぶ効果もあったのかな。とにかく忙しかったよ」と振り返ります。

現在の同じ場所に立つ岡田博義さん

越谷に長年暮らす人には懐かしく、若い人には「こんな時代があったんだ」と新鮮に映ることでしょう。

子どもたちの夏休みの自由課題にするのも一興では。

東武線高架計画を伝える 昭和61年9月15日の「広報こしがや」

こんな写真も発見!

そば屋の出前といえば、うそか誠か、この曲芸師のような肩担ぎ。

ちなみにカラー写真は、現在、春日部市藤塚2371-32に「めん房 朝日屋」を構える時田信吉さんの若き修業時代の姿。

「そば屋の出前」肩担ぎ
時田信吉さん
「めん房 朝日屋」を構える時田信 吉さんの若き修業時代
「そば屋の出前」肩担ぎ

そばうどん朝日屋

電話番号/048-962-3901 岡田

この記事を書いた人

編集部 信太

編集部所属の取材記者。埼玉県の担当です。仕事熱心といわれますが、おいしい珈琲を飲ませないとポンコツです。読み方はシンタでもノブタでもご自由に♪

編集部 信太の記事一覧へ

あわせて読みたい

このページのトップへ