ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

インテリアショップ「DULTON DAY STACK柏の葉」で秋のおうち時間を楽しく♪

見ているだけでワクワクする! と話題の、千葉・柏の葉エリアにあるインテリアショップ「DULTON DAY STACK柏の葉」(ダルトン デイ スタック柏の葉)。

インテリア雑貨メーカーDULTON(ダルトン)が運営する、千葉県内では数少ない直営店です。

徐々に秋めいてきて、お家でまったり過ごす時間が増えてきた方も多いはず。DULTON DAY STACK柏の葉で、暮らしがもっとハッピーになるアイテムを探してみませんか?

ショップを取材してきました!

「DULTON DAY STACK柏の葉」とは?

「DULTON DAY STACK柏の葉」

外観からおしゃれ! とテンションの上がる「DULTON DAY STACK柏の葉」は、柏市花野井の県道47号線沿いに立地し、国道16号線からもすぐの場所にあります。常磐自動車道の柏I.C.から約3㎞と高速からのアクセスも抜群です。

周辺には、ららぽーと柏の葉、柏の葉T-SITEなどの商業施設をはじめ、スーパーマーケットやホームセンターも多く、家具・インテリアの買い回りには非常に便利なエリアと言えます。

DULTON DAY STACK柏の葉

こちらのショップを運営するDULTONは、1988年にスタートした日本のインテリア雑貨メーカー。遊び心満載な唯一無二のデザインの家具・インテリアには、根強いファンも多いんです!

そんなDULTONは、関東、関西にそれぞれ特色のある直営店を展開しています。柏の葉店は「 日々の生活に少しの+αを」をテーマにした業態店で、毎日使いたくなる雑貨からマニアックなアイテムまで幅広い商品を取り揃えています。

「DULTON DAY STACK柏の葉

STACK=「積み重ね」という名前の通り、商品在庫もあえて店頭に並べて(積んで)いるのが特徴。気軽に手に取りやすい雰囲気が魅力です。

ホームセンターやドラッグストアのように、インテリアショップだけどカジュアルにお買い物を楽しめる店舗をイメージしているのだそう!

海外のスーパーのような広々としたショップ

DULTON DAY STACK柏の葉

ゆっくりお買い物を楽しめそうな広い店内は、「KITCHENWARE」(キッチンウェア)・「STATIONERY」(ステーショナリー)・「HOUSEWARE」(ハウスウェア)・「HARDWARE」(ハードウェア)・「GARDEN」(ガーデン)など、商品ジャンルごとにエリアが分けられています。

天井からぶら下がった看板が目印になり、自分の興味のあるエリアがすぐに見つかってわかりやすい! とお客様からも好評なのだとか。

DULTON DAY STACK柏の葉

店舗入り口には、写真映え間違いなしの鮮やかなブルーのショッピングカートが用意されています。

小さな子どもをのせられるカートなので、お子さん連れのファミリーも安心してお買い物ができますね。店内通路の幅も広いため、大きめのカートやベビーカーでも楽に通れます!

キッチンからバスまで。生活を彩るDULTONのインテリア

キッチン雑貨・DIYグッズ・園芸用品・家具・文房具など、家の中で使うものは全て揃っていると言っても過言ではない「DULTON DAY STACK柏の葉」。

ダルトンの商品を中心に、こだわりの輸入雑貨などが所狭しと並んでいます。今回、特に人気のアイテムを教えてもらいました!

DULTON DAY STACK柏の葉

料理好きなら立ち止まらずにはいられないキッチン用品コーナーには、カラフルでかわいいキッチンスケールやタイマーがずらり。

デジタル表示の商品が主流の今、レトロでかわいいアナログなキッチングッズは、置いておくだけでおしゃれな台所になりそうです。カラーバリエーションが豊富なのも人気の秘訣だそう!

DULTON DAY STACK柏の葉

魚をモチーフにした計量スプーンも「こんなの見たことない! 」と好評です。

DULTONのキッチングッズは、ユニークで見ているだけで楽しい気分になるものがたくさん。毎日使うものだからこそ、デザインにはこだわりたいという方にぴったりですね。

DULTON DAY STACK柏の葉

アメリカンなルックスが目を引くダストボックスも、DULTONの人気アイテムの一つです。

海外で見かけるようなデザインですが、日本の住宅で使いやすい小ぶりなサイズも展開しているのがポイント。

DULTON DAY STACK柏の葉

柏の葉店ではこのほかにも、バケツ型や分別ごみ箱など、用途と好みに合わせて選べる商品が販売されています。

インテリアのなかでも見落としがちなごみ箱ですが、デザイン性の高いDULTONのダストボックスなら、キッチンやお庭に置いておくだけで絵になるでしょう。

DULTON DAY STACK柏の葉

アイデア商品と話題になっている「マグネティック ソープホルダー」。固形石鹸を磁石の力で宙に浮いたように固定することができ、ぬめりなどのお悩みを解消してくれるアイテムです。

使い心地が気に入って、洗面所・浴室・キッチンなど全ての場所で使いたい! とまとめ買いしていく方もいるのだとか。

このように実用的なインテリアグッズも多く取り揃えているため、自分用はもちろん、プレゼント探しにも最適なお店です。

家で過ごす時間を120%楽しめるアイテムも!

外出自粛が求められるコロナ禍において、家での過ごし方を見直す方も増えていますよね。

DULTON DAY STACK柏の葉では、おうち時間を楽しめるアイテムも充実しています。

DULTON DAY STACK柏の葉

家族みんなで楽しめそうなアメリカ発のおもちゃは、見た目がカラフルでかわいらしく、出しっぱなしにしていてもインテリアに溶け込むこと間違いなし。

子どもだけでなく、大人も本気でのめり込んでしまうほど難易度の高いゲームもあるのだとか…!

お店に行って、実際にゲームを見て試して、お気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか?

DULTON DAY STACK柏の葉

自宅のベランダや庭でガーデニングを楽しむ方も増えている昨今ですが、ガーデニングの道具もせっかくならデザインにこだわりたいですよね。

柏の葉店にはガーデングッズコーナーもあり、海外製品のようなおしゃれな園芸ツールが並んでいます。

DULTON DAY STACK柏の葉

カラフルな散水ホースや植木鉢などが特に人気のアイテムだそう! ガーデニング好きも必見ですね。

雑貨だけじゃない!もちろん家具も揃ってます

DULTON DAY STACK柏の葉

ここまで雑貨を中心に紹介してきましたが、DULTON DAY STACK柏の葉には、ソファやダイニングテーブルなど大型の家具も揃っています。

シンプルだけどどこかにひとひねりあるような、魅力的な家具がたくさん展示されていました。

DULTON DAY STACK柏の葉

DULTONといえば思い浮かべる方も多いであろう、カラフルなスチール製家具の人気も根強いです。

新築の戸建てやマンションが次々に建設されている柏の葉エリアということもあって、「インテリアをダルトン商品で統一したい」と家具・インテリアをトータルで購入していく方も多いのだそう。

店舗では図面を作成するような本格的なインテリアコーディネートは行っていませんが、家具選びやインテリアづくりのコツなどは、お店のスタッフさんに相談にのってもらうことができます。

なお、ほとんどの家具が完成品のため、組み立てが苦手な方でも安心。自分で家具を持って帰れない場合、配送をお願いすることもできます。

まとめ

「当店で取り扱っているアイテムは、用途が限定されていない自由な商品が多いので、自分なりの使い方を考えながら見て回ると楽しいですよ」と店長さん。

お店全体がカラフルで、商品を見ながら「どうやって使おうかな~」と考えるだけでも楽しいショップでした!

住まいの引っ越しや新築で新しく家具インテリアをお探しの方はもちろん、今の暮らしをより良く、楽しくしたいと考えている方にもぴったりのバラエティ豊かな品揃えです。

また、2020年10月には、印西市に「DULTON MARKET STORE 千葉ニュータウン店」がオープン! 柏の葉店とはまた違った業態なので、次の週末はインテリアショップめぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか♪

DULTON DAY STACK柏の葉

住所/千葉県柏市花野井702-1

車のアクセス/常磐自動車道「 柏I.C.」より3.3km

公共交通機関のアクセス/つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」東口→徒歩15分・東武バス柏10「南花崎」(東急柏ビレジ行)下車徒歩1分

JR常磐線「柏駅」西口→東武バス柏03「花野井木戸」(市立柏高校行)下車徒歩4分・東武バス柏14「花野井木戸」(東急柏ビレジ行)下車徒歩4分

電話番号/ 04-7193-8121

E-mail/daystack_kashiwanoha@dulton.com

営業時間/11:00〜20:00 (年中無休、年末年始を除く)

Instagram/@dulton_daystack

ブログ/http://www.dulton.co.jp/Blog0/store/daystack

この記事を書いた人

小原らいむ

柏生まれ柏育ち。植物・動物が好きなライター兼ダンサーです。趣味は飼っている黒柴犬との散歩&旅行。ガーデニングをお得に楽しむ方法を紹介するブログ「LIMEGREEN(ライムグリーン)」も運営中。★Instagram★@ohalimegreen

小原らいむの記事一覧へ

あわせて読みたい